2015-11-15から1日間の記事一覧

気づくことに気づく

プラトンの対話篇『テアイテトス』における感覚と知識から ソクラテスから離れ、プラトンが独自の哲学を展開し始めた中期の最初の作品が『テアイテトス』。知識と感覚は同じものであり、したがって、一人ひとりの感覚の違いに応じてさまざまな知識があるとプ…