2016-10-03から1日間の記事一覧

柏原の一茶

「柏原」と言っても通じなくなりつつある。今は「黒姫」。一茶は宝暦13(1763)年、寒村柏原の中百姓の子として生まれた。3歳で実母と死別、産みの母の顔も姿も知らない。その後、8歳の時には継母がくるが、この継母と一茶の仲はすこぶる悪く、小さくか弱い…