2017-08-10から1日間の記事一覧

懐疑の現象論:デカルト的な懐疑?

(昨日の内容を書き直したものです。) デカルトはすべてのことを疑い、疑い尽くしても尽くし切れないものとして「疑う」自分を見出したということになっています。哲学史の授業ではこのような話が定番になっています。定番の授業によれば、方法的懐疑の特徴…