妙高の方言

 標準語なるものをうまく操ることに支障がない程度の方言は確かに妙高地方にはあったが、東北や関西のような立派な方言ではなく、単語とイントネーションの僅かな違いといった程度のものだった。実際、東京に出てきた私は何の苦も無く東京の言葉を使って話すことができた。

 それでも、子供の耳はとても敏感で、盆暮れに東京で働く人たちが帰って来て話すのを聞くと、すぐにそれが標準語を話していて、妙高の方言での会話とは大変異なっていることを感じることが何度かあった。東京で生活する人たちが何が違うかと言えば、服装でも振る舞いでもなく、言葉遣いだった。子供の耳にはまるで違う言葉に感じられ、その違う音の響きにあこがれをもったのは確かである。

 大学でラテン語を学ぶことになり、言葉に対する概念がすっかり変わった。今では英語が国際語として使われているが、その前の国際語がラテン語であり、ローマ帝国以来ずっと君臨してきた言葉であり、妙高の方言どころか日本語ともまるで異なる存在だった。  ラテン語はかつて古代ラテン人が用いた言葉で、ローマ帝国公用語として地中海世界に広まった。 ただし、古くからの文明先進地であった地中海世界東部(オリエント)においてはラテン語以外の勢力も強く、特にギリシャ語はローマ帝国では第2公用語の地位にあった。 なお、ローマ時代のラテン語にはアルファベットの大文字しか存在せず、UとVの区別もしていなかった。小文字が登場するのはペンで紙に書くことができる時代からである。  ラテン語は非常に広い地域で使われていたので、各地で「俗ラテン語」と言われる方言が生まれる。西ローマ帝国滅亡後、各地のラテン語の方言はしだいに独自の変化をとげ、イタリア語、フランス語、スペイン語などおたがいに通じない別の言語となっていった。 東方の東ローマ帝国ではラテン語は使われず、もっぱらギリシャ語が用いられた。こうして東ローマ帝国ギリシャ語の帝国へと変化していく。  しかし、キリスト教カトリックの宗教活動はすべてラテン語で行われていた。そのため、ヨーロッパの知識階層にとってラテン語は必須の教養であった。中世後期に、アラビア語ギリシャ語の書物がラテン語に翻訳されることにより、東方の文明が西欧に伝わり、それがルネサンス(文芸復興)につながった。  近代に入り各国の公用語が普及し、教会もその地方に合った言葉で活動することが許されるようになり、国際語の地位もフランス語や英語にとってかわられ、ラテン語はほぼ過去の言語と見なされるようになった。ただし、今日でもバチカンでは日常でラテン語を使用している。

 言葉の持つ意義はとても大きい。ラテン語が重要であったように、妙高の方言も重要だった。その方言の実態は以下のサイトで知ることができる。

 

春はうららの樽本

http://tarumotonosato.web.fc2.com/hougen.html

方言だけでなく、樽本風土記ともいえる、ふる里としての樽本の総合紹介になっている。

 

新潟県の方言ページ

http://www6.shizuokanet.ne.jp/kirameki/hougen/niigata.htm

 

おまん、知ってっかね~新潟県上越地方の方言

http://kanekori.blog76.fc2.com/

 

上越地方の方言

http://www.joetsuweb.com/hogen/hogen.htm