いもり池のヨシとヨシ紙

 妙高池の平のいもり池にはヨシ原があります。ヨシ(葦)は、関東では「アシ」、関西では「ヨシ」と全く対照的な名前をもつイネ科の多年草です。水辺の植物ではもっとも背が高く、5メートルもの背丈に成長します。ヨシは古くから世界中の人々に親しまれてきました。日本では葦簀(よしず)というすだれの原料となったり、茅葺の屋根材として葺き替えに使われたりしています。  ヨシは、通常の植物と同様、空気中の二酸化炭素(CO2)の吸収や光合成による酸素の生成によって、地球温暖化を防ぎます。また、ヨシは土中・水中から多くの窒素やリンなどを吸い上げて成長します。水中に窒素やリンが多くなると水面にアオコが発生し、水生生物や魚類が死亡する原因となります。つまり、ヨシの生息が水質浄化になり、生態系保全へとつながります。 

 ヨシ紙づくりはヨシの刈り取りから始まります。ヨシの刈り取りは12月から2月頃。ヨシが充分枯れた時期に行います。場所によってはオギというよく似た草本植物も生えているため、刈り取った後にヨシだけを選別し、束にして天日で乾燥させます。ヨシが充分に乾燥したらトラックに積み込み、パルプ工場でチップ状に粉砕、釜で煮てパルプにします。ヨシ紙はヨシパルプを配合してつくられます。製紙原料のヨシパルプは、中国湖南省洞庭湖周辺や上海市の崇明島などで実用化され、トイレットペーパーや紙コップなどに加工されています。日本国内においても、滋賀県の琵琶湖産のものなどが名刺やハガキ用に少量生産されています。

 「紙」の定義によれば、植物繊維その他の繊維を膠着させて製造したもので、植物を一度繊維にまで分解し、シート状に再成型したものです。パピルスの茎の皮を重ね、上から叩いて接着させるだけのパピルス紙とは根本的に違っています。羊皮紙も紙に分類されていますが、文字通りの紙ではありません。

 葦に関して最も有名なフレーズはブレーズ・パスカルによる「人間は考える葦である(roseau pensant)」でしょう。ジャン・ド・ラ・フォンテーヌの寓話「オークと葦」(Le chêne et le roseau)では傲慢なオークが倒れたのに対し、倒れないように自ら折れて風雨を凌いだ葦の姿が描かれています。ヨシの原と言えば「吉原」が思い出されます。江戸幕府によって遊郭が一か所に集められた場所もヨシの茂る湿地だったため葭原(よしはら)と呼ばれ、後に「吉原」と改められました。