ごみのある今の生活、ごみのない昔の生活

 有明に引っ越して1年近くたつ。近くに夢の島があり、今では緑あふれる公園に変わっていて、ごみの島だったとは思えない変貌ぶりである。ごみが見事な森林に変わるには莫大な資金が必要で、自然に変わるわけでは決してない。相変わらずごみをたくさん出す私たちの生活は変わらず、ごみはますます増えている。

 私が小学校に入学した頃に戻ってみると、生活から出るごみは皆無に近かった。実際、1955年頃までの妙高の生活を思い出してみれば、それが正しいことがよくわかる。ビニールの類は一切なく、当然ながらペットボトルもビールや飲料の缶もなかった。酒瓶や醤油瓶はあったが、それらは回収されて再使用されていた。包装紙も日常の買い物には使われず、せいぜい新聞紙が使われる程度だった。肉、魚、豆腐がパックに入っている今とは違って、経木や鍋が使われていた。

 どの家の裏庭にも生ごみを捨てる場所(ごみ捨て場)があり、そこに残飯が捨てられ、最終的にたい肥の原料になっていた。毎日の残飯は少なく、あっても大抵は飼われているブタやニワトリの餌になっていた。そのため、当然ながらごみの収集車などなかった。実際、ごみは出なかったのだから、収集車など必要なかったのである。

 現在の私たちの生活はごみだらけの生活である。ごみを生み出し、ごみに囲まれ、ごみの中で生活するのが私たちである。必要悪としてのごみと言われるが、単なる悪なのだと言い切れないのが今の私たちである。ごみを生み出すことが経済発展だとすれば、それは実に悲しい発展であると嘆きたくなるのだが…

 植物や動物にごみはあっただろうか。確かに排出物はあるが、汗もし尿もごみではない。ごみとは実に文化的なもので、社会生活と共にごみが生まれたとみるのがいいだろう。貝塚は夢の島と同じくごみの山だった。ごみの増加は経済的活動や文化の隆盛に比例している。ごみは社会発展の指標になってきた。すると、私の子供時代のごみなし生活は生活程度が現在のそれに比べ著しく劣っていたということになる。ごみの有無はマナーや倫理の問題ではなく、経済成長の有無でしかないということになる。

 だが、この理屈に得心したくない。というのも、この理屈を認めることは文化も経済もごみを生み出すものだということを認めることだからである。社会、経済、文化がごみを産むための制度や装置だということになれば、人の努力はごみのためということになりかねない。誰もごみのために考え、働き、頑張るとは決して思わない。

 エネルギーをつくると熱がごみとして出る。電気を使えば熱になる。熱がごみなら、ごみのために地球温暖化が進んでいることになる。エネルギーをつくるのは経済活動を推進し、文化的生活を維持するためである。だから、経済、文化が地球温暖化を進めているのは正しく、温暖化の直接の要因はごみなのである。

 このような乱暴で、粗雑な議論に真剣に付き合う必要はないのかもしれない。だが、子供時代の故郷のごみゼロの生活が何を教えてくれるのか、私たちの現在の生活を考え直す契機になるのは確かではないだろうか。それが故郷の大切な存在理由なのだろう。