f:id:huukyou:20150506134932j:plain

f:id:huukyou:20150506135043j:plain

 

 

f:id:huukyou:20150506134949j:plain

会津 八一

 私は私学で学び、私学で教えてきました。私の子供の頃、故郷の妙高では国公立が私立より優れていると疑いなしに信じられていましたし、私の出た県立高校などは国立大学に入学させることだけを目指して受験のための教育に明け暮れていました。私立の文学部に行きたいと担任教師に言ったら一笑に付されたのを今でもよく憶えています。妙高に私学はありませんでしたが、妙高の隣の板倉村(現上越市板倉区針)には有恒学舎がありました。当然ながら、できる子供の行く学校ではないと思われていました。現在は県立の高等学校になっていて、私のような私学出には寂しい気持ちがします。

 孔子の『論語』から校名がとられ、「有恒」とは「他にまどわされない一定不変の心を持つ」ということを意味し、そのような心をもつ人間を育成することを目指しています。有恒学舎は明治29年に増村朴斎が私財を投じて設立、「西の松下村塾、東の有恒学舎」とも呼ばれました。東京に福沢創立の慶應義塾、京都に新島創立の同志社が、そして板倉には増村創立の有恒学舎があったのです。学校創立時には勝海舟が校名を書き送っています。昭和26年に板倉村立有恒高等学校(定時制)が開校、昭和39年に全日制の県立有恒高等学校となりました。

 会津八一は明治39年から4年間英語教師として有恒学舎に在職しました。八一は明治14年新潟市古町通五番町に生まれました。彼は25歳で早稲田大学卒業直後、新進の英語教師として有恒学舎で教え、明治43年に辞任して上京、坪内逍遙に招かれ、早稲田中学校の英語教師となります。その後、早稲田大学文学部講師となり、東洋美術史を講義、さらに昭和6年早稲田大学文学部教授となります。

 八一は職業的な書家ではありませんが、西川寧が日展の審査員に推挙したほど実力がありました。その書は清廉そのもので私の好きな書です。写真は禅語の「林下十年夢 湖邊一笑新」で、日展に出展しようと意気込んで書いたもので気力溢れる作品です。現在は「中村屋サロン美術館」が所蔵しています。読み方は「りんかじゅうねんのゆめ こへんいっしょうあらたなり」で、「一人前になるには十年は必要、しかし 十年はあっという間で、その苦しさの中で頑張れば、報われて喜びの時が来る」といった意味です。もう一つは会津八一記念館が所蔵する「秋艸堂(しゅうそうどう」で、八一の住まいの号。20代後半からこの号を用いていて、「秋艸堂」の「艸」は、草を総称する語句で、萩・菊・葉鶏頭など秋の草花を好んだところから命名されました。妙高の「艸原祭」にも使われる文字ですが、妙高は春の草、八一の場合は秋の草が意味されています。もう一つおまけの書は 新潟県人ならほぼ毎日見る「新潟日報」の題字です。これも八一 が書いたものです。

 

 会津八一については、

会津八一記念館 http://aizuyaichi.or.jp/index.html

を参照して下さい。

 

*長嶺喜一

 長嶺喜一は明治28年に新潟県の寺野村(現上越市板倉区)に生まれ、有恒学舎を首席で卒業、陸軍士官学校に入学。昭和5年慶應義塾大学の配属将校となる。有恒学舎の頃、福澤諭吉に心酔しており、慶應義塾に服務できたことに大きな喜びを感じ、福澤の独立自尊の精神を尊重した。