妙高市の浄土真宗

f:id:huukyou:20150514093358g:plain

f:id:huukyou:20150515030836j:plain

 

妙高市の浄土真宗

 妙高市カトリックの牙城だとは誰一人思わない。妙高市に特定の宗教色などないと断じる市民がほとんどではないだろうか。街を歩いても宗教的な看板やスローガンなどに出会うことはまずない。陣場霊園の広告など見ても、他の日本の都市と変わらない。宗教的なスキャンダルの話も聞いていない。越前、越中のようにかつて激しい一揆があったとも伝わっておらず、願生寺が異安心事件でつぶされたことくらいがせいぜいの事件だった。

 だが、ちょっと調べるだけで妙高市の寺院の9割以上が浄土真宗で、これは新潟県だけでなく、真宗の中心と言われる福井、石川、富山の3県の割合(多くて8割強)を大きく離して断然トップなのである。旧新井市、旧妙高村、旧妙高高原町の何れも9割を超え、妙高はどの地域も真宗独占状態で、これが少なくても江戸時代から変わらないのである。この数字を信用するなら妙高市は浄土真宗一色の地域で、人々は押し並べて信心深い門徒だということになる。

 上の二つの図は錯視図形で、図形としては同心円なのに、視覚的にはどうしても同心円には見えず、円がいくつあるかさえ明晰判明ではない(図参照)。だから、私たちの視覚が錯覚している。これが私たちの常識的な捉え方である。数字の上では妙高市は浄土真宗のメッカそのものなのだが、そこに暮らす誰もがそれを実感することがない。それゆえ、市民は誤った実感をもっている。だが、このように結論する人はいないのではないか。むしろ、寺院の数は普通だが、たまたま真宗の寺院が多いだけに過ぎないのだと考える方が常識的なのではないか。北欧の都市に教会がよく見られ、教会の数が多いと気づくと、そこからキリスト教への信仰が根付いていると考えたくなるが、実情はまるで違っている。教会を取り壊すことができず、教会内部を本屋やバーに変えることが行われ、見かけの教会数と信仰は関係がなくなっている。これと似たことが妙高市にも言えるだろう。いや、それどころか妙高市の寺院も他の日本の寺院と同じく、遥か前から信仰の場ではなくなり、葬儀や法事の場に変わっていたのであるから、何の不思議もないのである。

 何とも夢のない、悲観的な結論である。だが、真宗独占の環境の中で信仰をもち続けた私たちの先祖は浄土真宗こそが正真正銘の仏教で、念仏を唱えることによって往生できると信じて疑わなかった。そして、信仰の上で対立するものがない環境で、念仏を唱え続けることができた。これは、一途な門徒にとって無上の幸せだったに違いない。