古郷やよるも障るも茨の花 

古郷やよるも障るも茨の花 

(故郷は人を刺すバラの棘のようなものである)

 

 一茶は宝暦13(1763)年、寒村柏原の中百姓の子として生まれた。3歳で実母と死別、産みの母の顔も姿も知らない。その後、8歳の時には継母がくるが、この継母と一茶の仲はすこぶる悪く、小さくか弱い動物や小鳥に一茶は常に同情を寄せた。孤独な一茶は15歳で江戸へ奉公に出される。奉公先を転々とかえながら、20歳を過ぎたころには、俳句の道をめざすようになった。一茶は50歳の冬、故郷に帰る。そして、52歳で28歳の常田菊と結婚した。やがて、長男千太郎、長女おさと、次男石太郎、三男金三郎と次々に子宝に恵まれるも、いずれ夭折。文政7年、62歳の一茶は再婚、64歳で再再婚した。文政10年6月1日、柏原の大火に遭遇し、母屋を焼失した一茶は、焼け残りの土蔵に移り住む。この年の11月19日、一茶は中風により、65歳の貧寒な生涯を閉じた。

 一茶の句に「木枯や隣というも越後山」があるように、彼の生れ在所は柏原、越後との境である。前には妙高山、黒姫山、飯綱山が肩を並べ、後は戸隠である。この山々の裾野と、後に聳える斑尾山の裾との縫い目が柏原である。旧制新潟中学時代から有恒学舎の教師時代の会津八一は、短歌よりむしろ俳句に関心を寄せ、大学生時代から小林一茶に傾倒していた。有恒学舎に赴任したのを契機に、一茶の研究に打ちこみ、新井町の醸造家入村四郎宅から一茶自筆の『六番日記』を見つけた。『一茶句帳』、『一茶句集』、『おらが春』にある従来知られている一茶の句は2,400~2,500句であったが、この八一の新発見により、一茶の未公開の句が一気に2,500~2,600句ほど加わり倍増した。