フレディと良寛

f:id:huukyou:20151007224707j:plain

 主人公は葉っぱのフレディ。春に大きな楓の木の、太い枝に生まれた五つの葉っぱの一枚。そして、夏にはりっぱな身体に成長した。当然木の葉っぱフレディには仲間の葉っぱがたくさんいる。フレディは、みんな自分と同じ形をしていると思っていたが、皆違っていることに気づく。これは、人間と同じで、どんな生き物にも共通のことである。

 フレディの親友はダニエル。ダニエルはいちばん大きく、考えることが大好きで、物知り。哲学者ダニエルはフレディにいろんなことを教えてくれる。フレディが葉っぱであること、地面の下に根を張っているから木が倒れないこと、月や太陽や星が秩序正しく運動していること、季節がめぐること…そういった自然の法則から、夏の暑い時には葉っぱ同士で木かげを作る人間が喜ぶこと、それも葉っぱの仕事であること等々。

 フレディは自分が葉っぱに生まれたことを喜ぶが、季節は移り、寒い霜の季節が訪れる。緑色だった葉っぱは紅葉する。フレディは赤と青と金色の三色に変わった。他の仲間たちもそれぞれ、違う色に変化。同じ木の葉っぱであるにもかかわらず、全部が違う色に変化する。訝るフレディに、ダニエルは生まれたときは同じ色でも、皆違うな経験をするから、違う色に変化することを教える。

 そして冬の到来とともに、葉っぱたちは冷たい風に吹き飛ばされ、つぎつぎと落下。おびえる葉っぱたち。ダニエルはみんなが今の木から「引っ越す」ことをフレディに教える。やがて木に残った葉っぱはフレディとダニエルだけになる。フレディはダニエルが言っていた「引っ越す」ということが「死ぬ」ことを意味するのだと気づく。

 「死」を恐れるフレディに対して、ダニエルは、未経験のことは不安になるもので、「無常(すべては変化するもの)」を説く。死も逃れえぬ変化の一つであることを教える。「ぼくは生まれてきてよかったのだろうか」と尋ねるフレディに、ダニエルは深くうなずき、やがて夕暮れに枝から離れていく。

 ひとりぼっちになってしまったフレディは、雪の朝、風にのって枝を離れ、しばらく空中を舞ったあと、地面に舞い降りていく。初めて木全体の姿を目にしたフレディはダニエルが言っていたい「生命」の永遠を思い出す。そして静かに目を閉じ、ねむりに入っていく。そして。季節は巡り、また春がやってくる。

(レオ・バスカーリア(Leo Buscaglia、1924-1998)絵本『葉っぱのフレディ-いのちの歌-』)

 

f:id:huukyou:20151007224745j:plain

 「無常」は仏教の基本的な教えで、一切のものはことごとく生滅してとどまることなく、移り変わり続ける。常がない。あらゆるものが生まれたら滅し、生滅を倦むことなく繰り返していく。この仏教の教えは文学に見事に表現されてきた。日本人は無常観を自然に重ねて感覚してきた。仏教は、自然の春、夏、秋、冬に重ねて「生、老、病、死」を説いてきた。自然の移ろいと人生とを重ね合わせ、融合させながら理解してきた。良寛の俳句に

 

    裏を見せ、表を見せて散る紅葉 がある。

 

虚飾を捨て、裏も表も見せる。それを紅葉にたとえて、葉は綺麗な表だけ見せているのではなくて、裏表全部を見せているのだ、と詠う。

 フレディと良寛の無常観は共通した部分をもっている。紅葉の季節に無常観を味わうのもいいのではないか。