奇跡

 これまでの投稿から、奇跡がないのが古典的な物理学、奇跡だらけなのがカトリック教会、という対照的な違いが明らかになりましたが、そうだとすれば、物理学とカトリック教会は世界について真っ向から対立する考えをもつことになります。よくよく考えるとこの真っ向からの対立は誇張したものではなく、私たち人間がもつ二つの根本的に異なる資質が素直に表れていると考えることができます。一つの資質は飽くことなき好奇心で、真理をとことん知りたいという本能です。別の資質は絶対的なものへの希求、憧れであり、救いや愛を求めるという本能です。奇跡を知り、説明したいという知的探求心と、奇跡に帰依するという信仰は、共に私たちがもつ生得的な資質なのです。

f:id:huukyou:20160308071009j:plain

 奇跡は私たちには予測できない、コントロールできない出来事であり、奇跡の存在は科学的な探求にとって失敗や不十分を意味しています。奇跡はあってはならないもので、奇跡は科学の敗北そのものなのです。一方、キリストの復活、マリアの出現という奇跡はキリスト教にとっては不可欠の事柄です。奇跡はキリスト教だけでなく、どの宗教にとっても自らの存在理由そのものであるのですが、科学にとっては説明されるべき謎に過ぎないのです。宗教と科学の違いとは何かと問われたとき、どの視点からその問いを考えるかという糸口が「奇跡」なのではないでしょうか。奇跡に対するかくも異なる態度が科学と宗教の違いを生み出し、これまでの確執の原因になってきたのです。

f:id:huukyou:20160308071102j:plain

 ところで、古典的物理学は対象とする物理世界が実在すると仮定して理論をつくり、実験や観察をしてきました。このような立場は「実在論(Realism)」と呼ばれてきました。そこで、実在論がなぜ実在を信じるかの理由が何であるかを考えてみましょう。物理世界が実在するという立場を擁護するために、多くの実在論者はこの論証を科学的実在論(scientific realism)のもっとも強力な理由と見なしています。それは「無奇跡」論証と呼ばれ、およそ次のように展開されます。

 

一般相対論や量子力学が宇宙の基本構造について本質的に正しいことを述べているのでないとしたら、それら理論が正しい経験的な予測をすることは奇跡か偶然の一致と言うしかないだろう。奇跡や偶然の一致でない説明があったとすれば、私たちは奇跡や偶然の一致をそのまま認めることはないはずである。ある理論が現象の背後で起こっていることの真の姿を捉えていれば、それら現象は奇跡でも不思議な偶然でもない。だから、今受け入れられている理論は確かに正しいと結論してもよいだろう。

 

 上の無奇跡論証を言い直せば、次のようになります。クオークや光子が実在していないと仮定すれば、それらを使ってなされる予測や説明は奇跡そのものになってしまいます。科学理論がなぜ成功しているか(つまり、宇宙はクオークや光子が実在しているかのように振舞うこと)の最善の説明は実際にそれらが実在していることを認めることです。それゆえ、私たちは実在論が正しいと信じるべきなのです。(つまり、無奇跡論証はアブダクション(abduction)を使った論証になっているのです。)

 

実証的な奇跡?

 スペインとの国境にあるピレネー山脈のフランス側の山麓に、カトリックの聖地ルルドがあります。1858年、ルルドに住む貧しい少女ベルナデッタ・スビルーが、村はずれの洞窟で聖母マリアを見たということがすべての発端です。彼女が聖母マリアに言われて洞窟の土を手で掘ると、そこから病気を癒す力をもつ泉が湧き出し、それが知れ渡り、多くの巡礼者が集まり始めました。

f:id:huukyou:20160308071151j:plain

 このルルドの泉で病気が治ったと申告した人は、1862年以来6,700人いますが、ルルド聖地当局が正式に奇跡と認定したのは66人だけです。奇跡の正式認定者の数は次第に減少し、1960年から2000年までの40年間では4人に過ぎません。ルルドでは、カトリックの国際医師団が厳しい医学的なチェックをおこなっていて、最近ではMRIなどの最新の診断技術や分子生物学的方法を駆使して判定しています。 

f:id:huukyou:20160308071227j:plain

 1902年アレタシー・カレル医師は、ルルドの奇跡を科学的に調査する目的で、ルルドへの巡礼団の随行医師になることを志願します。カレルは、1912年組織培養法と新しい血管縫合術および臓器移植法の考案などの功績により、フランスで最初のノーベル生理・医学賞を受賞しています。彼自身が書いた『ルルドへの旅・祈り』という本に一人の若い女性の上に起こった奇跡が克明に述べられています。結核性の腹膜炎で死にかかっていたマリー・フエランという若い女性はモルヒネ注射だけで痛みを抑えていました。ルルドへの列車の中で、彼女の状態はますます悪化します。列車がルルドに着き、マリーが洞窟の前の病人用に設けられた場所に連れて行かれると、彼女の顔に突然変化が現れ、顔の蒼白い色が消えました。その日の夕方、カレルがマリーのもとを訪れると、彼女は輝く目をしてベッドに座っていました。彼がマリーを診察すると、脈はまったく正常、腹は白くて平らで、身体のしこりは夢のように消え去っていました。
 厳しいチェックを通過する奇跡の事例が僅かでもあり、それを神の恩寵として理解する仕方の他に、プラシーボ効果を使った説明があります。病気を治したいという強い願望が、ルルドというプラシーボによって、一瞬にして心身的な変化をもたらすという説明です。ルルドでは、カトリックの信者でない人にも奇跡が同じように起こつていることから、ブラシーボ効果が奇跡を起こしているのかもしれません。ルルドのようにさまざまな病人が集まり、病人が主人公として迎えられ、医療、食事、宿泊、介護などを受けられるところでは、病気に対する意味づけが変化するのかも知れません。
 最後に、奇跡に関して次の言明をどう思いますか。

 

「もし人間の脳が私たちに理解できるほど単純だったら、私たちはいつまでたっても愚かなままで、奇跡をを理解できないだろう。だが、私たちの脳は私たちの理解を越えるほどに複雑であったなら、奇跡を受け入れることができるだろう。」

 

 私たち人間は自然を理解し、さらに自らの脳を理解しようと頑張るものです。脳が複雑すぎて、その一部しか理解できなくても、脳で起こる奇跡の解明は可能なはず、というのが私を含めあらかたの本音ではないでしょうか。