ラマルク版進化論の概要

f:id:huukyou:20160315073226j:plain

 1801年からラマルク(Jean Baptiste Pierre Antoine de Monet, Chevalier de Lamarck, 1744-1829)は進化理論を発表し始めます。既に生物進化の可能性は何人かの博物学者が示唆していましたが、進化のメカニズムを正面から最初に論じたのはラマルクが最初です。「ラマルク主義、ラマルキズム」という用語は現在では「獲得形質が遺伝する」という意味で使われますが、ラマルクが信じていた進化はもっと複雑で、いろんな意味で18世紀的でした。最初の一貫したラマルク版進化論が展開されるのが『動物哲学(Philosophie zoologique)』(1809)です。環境の変化がその環境に棲む有機体の要求(besoins)の変化の原因となり、それが有機体の行動の変化を引き起こします。変更を受けた行動は構造や器官の使用に影響を与え、使用の差を生み出します。よく使用することが構造のサイズの増大を世代を通じて引き起こし、使用しないことが構造を小さくしたり、消滅させたりします。これがラマルクの第一法則です。そして、それが遺伝可能であるというのが第二法則です。これら二つの法則が働くと、すべての有機体に連続的、漸進的な変化が起こることになります。つまり、有機体の生理学的要求が環境との相互作用でつくりだされ、それがラマルク的な進化をもたらすのです。『動物哲学』でラマルクは長い時間経過の中で「種が環境の変化に反応して変化する過程」として進化を捉えたのです。

f:id:huukyou:20160315073322j:plain


 ラマルクは『無脊椎動物の自然誌(Histoire naturelle des Animaux sans vertèbres)』(1815)で、環境の変化に反応して個体の生存中に新しい形質が生じると説明しています。つまり、個体は環境を評価し、それに応えて僅かで不完全な内的順応を行うというのです。これが個体に変化を引き起こすことになります。そして,それが子孫に伝わり、同じような過程が繰り返されることになります。適応的な形質は次の世代に伝えられます。適応は何世代にも渡る小さな変化によって次第に蓄積・改良されて行きます。でも、彼はどのように新しい形質が現われ、変種を生み出すかを誤解し、生態学的な圧力がどのように変種を生み出すか気がつきませんでした。

f:id:huukyou:20160315073401j:plain

 ラマルクは進化を、完全性への駆動、有機体の環境への反応と適応の能力という二つの原因から考えています。彼は環境こそが進化を推進する力だと考え(ダーウィンは変異の結果を篩いにかける、分けるのが環境だと考えます)、使用を通じて強化される器官と、使わずに弱められる器官を区別しました。ラマルクの進化メカニズムはダーウィンのそれとは異なるのですが、予測される結果は同じで、環境の変化によって引き起こされる、長時間に渡っての系統内での適応的な変化が進化メカニズムなのです。ダーウィンと同じように、ラマルクも自分の理論を支持するために家畜や飼料に言及しています。彼は地球の歴史が極めて古く、そこでの自然選択の可能性さえ示唆しています。ですから、ダーウィンは『種の起源』の初版ではラマルクの用不用説を否定しましたが、後の版ではそれを認めています。
 ラマルクの理論は現代の進化生物学とは違います。ラマルクは無機物から完全な存在までの漸進的系列というボネー(Charles Bonnet, 1720-1793)の新プラトン的見解を採用し、それを修正し、時間的な移行の原理を加えました。さらに、彼はこの移行が階段状ではなく、分岐的な樹状であると考えたのです。でも、その「生命の樹」はダーウィン流の単系統ではなく、異なる系統毎に複数考えられました。彼は進化を偶然的なものとしてではなく、複雑さと完全さが増大する過程と考え、単純な有機体が常に自然発生することを仮定していました。
 この違いは重要でダーウィンに軍配が挙がったのですが、環境と生物との真の関係はラマルクとダーウィンの間を今でも揺れ動いています。