日本の仏教:最澄と空海

 日本へ仏教が伝わって来たのは6世紀。新羅に対抗しようと百済聖明王は日本の援軍派遣を願い、当時最先端の「仏像、仏典」を日本に贈ろうとしました。仏教受け入れに賛成の蘇我氏、反対の物部氏、それで最終的に勝ったのは蘇我氏。本格的に仏教を研究し、政治に利用したのが聖徳太子
 奈良時代になるとインドや中国から仏教の輸入が盛んに行われました。その仏教は、倶舎(くしゃ)、成実(じょうじつ)、律(りつ)、法相(ほっそう:唯識)、三論(さんろん)、華厳(けごん)の六宗派で、「南都六宗」と呼ばれました。さらに、聖武天皇による大仏建立など、国の政策として仏教の普及が進みました。そして、平安遷都は従来の奈良仏教から政治を分離しようする一種の政治改革=宗教改革でした。
平安時代初めに、奈良仏教から抜け出し、仏教の改革を行うべく最澄天台宗を輸入しました。最澄は平安遷都を進める上でのブレーンの役割を果たします。最澄天台宗はその後の新興仏教が興こるきっかけを与えることになります。さらに、最澄と一緒の遣唐使に便乗した空海密教を輸入します。空海は都の長安で密教を受け継ぎ、日本に輸入し、密教を完成させました。密教では釈迦の悟りを追体験することを目指し、宇宙を信仰の対象にして様々な秘術を用いて修行しますが、空海は大乗、小乗どちらも包含する壮大なシステムの構築を考えていました。
 そこで、密教について考えてみましょう。釈迦の悟りを知るには二つの方法があります。一つは釈迦が残した言葉から学ぶこと、つまり、経典を注解することによって悟りに達する方法です。これは古典テキストの学習ということです。もう一つは釈迦が悟りに達した状況を直接に追体験する方法です。
 釈迦が悟りの境地に達した時が仏教の始まりだとすれば、実は釈迦は自らの悟りについてすぐには話さず、沈黙の期間が21日ありました。21日経って初めて他の人に話し始め、それを聞いた弟子たちが釈迦から話を聞くという仕方で仏教がスタートしたのです。釈迦に心境の変化を起こさせたのは梵天ということになっています。これが「梵天勧請」で、上座部経典に述べられています。このように22日目以降に釈迦が話し始めた教説が「顕教」と呼ばれます。ですから、顕教では釈迦の言葉を通して教説を学ぶということになります。ところが、何も話さなかった最初の21日間に着目して、そのときの釈迦と同じ精神状態を追体験しようとする考え方があり、これが「密教」なのです。最初の21日間の釈迦、すなわち釈迦の口から出る言葉(サンスクリット語の「真言」)、姿勢、心もちをそのまま全部追体験しようという試みです。具体的には真言を唱えながら印契を結び、いわゆる催眠状態を目指すわけで、超常体験としか言いようがありません。
 21日間とその後の間に大きな違いを見出そうというのですが、例えば画家が絵の構想を練り、仕上げるのに21日間かかったとして見ましょう。完成に至る21日間と完成した絵の間にどのような違いがあるのでしょうか。完成された作品からその価値を理解することと、作品が着想から完成までどのようにつくられたかの過程を追体験することとは明らかに違います。美術の場合、断片的な追体験は可能でも、作品全体を制作する追体験は不可能です。
 「悟り」と「悟りの告白」は違うでしょうが、「悟りの内容」に違いはない筈です。ですから、顕教密教の違いは根本的に異なるなどというものではなく、互いに補完し合うものであり、違いを強調するのは単なる屁理屈に過ぎないとも言えます。何かを知るために顕教密教の違いがあるかと言えば、それは否定的です。知識は言葉で表現されるものですから、意識体験が知識獲得に必要でも、獲得された知識は言語表現されなければなりません。実験や観察は言語ではなく、それがないと実証的な知識は手に入りません。実験や観察と同じように修行体験によって知識が手に入ることはあるかも知れません。でも、手に入った知識は言語で表現されなければ知識とも呼べないのです。
 本題に戻ります。空海密教には二つの重要な特徴があります。一つは「ご利益」です。病気が治るとか、河川の土木工事がうまくいくなどといった一般庶民に直接関係のある「ご利益」を実現してみせることによって仏教信仰を庶民生活の中に定着させました。これは、「理屈抜きで信じる」という点で宗教に効果的でしたが、それと同時に密教がいかがわしさを持ったことも否定できません。もう一つの特徴は「即身成仏」です。空海は死期を悟った後、高野山奥の院で成仏したと伝えられています。これによって、成仏と死というものが直結することになります。
 最澄天台宗の仏典を持ちかえっただけで、その研究自体は帰国後に持ち越されました。ところが、最澄が帰ってしばらく経つと、空海が脚光を浴びて登場することになり、密教ブ-ムが起こります。この時点で最澄はあせりを感じたと思われます。天台宗は『法華経』を重要視する宗派ですが、そこは禅や浄土などが含まれていて、基本的に何でも受け入れることができ、その結果、密教が自然に入ってしまったわけです。天台宗密教のことを台密といいます。こうして天台宗は考え方の範囲が非常に広い宗派になり、天台宗自体の研究は最澄の帰国後の課題であったことから、研究しなければならないことがたくさん残り、宗教というよりは学術的な雰囲気の中で宗派が維持されてきました。
 最澄空海が以後の日本仏教の原型を作りました。庶民の信仰という観点からは「お大師様」空海の役割は絶大ですが、歴史的な意味では最澄天台宗がより重要です。なぜなら、これ以後ほとんどの僧侶は完成された高野山ではなく未完成の比叡山を目指し、比叡山は多くの逸材に修行、研究する場を提供したからです。そのような中で鎌倉時代に入ると、比叡山で勉強した数人の天才僧侶たちが、天台宗のやり方に不満や疑問をもつことによって、新しい仏教を生んでいくことになります。