決定論と自由意志(determinism and free will)の軌跡 (1)

 決定論は、すべての出来事はそれに先行する出来事によって完全に決定されている、と主張します。すると、ただ一つの未来が過去によって決定されていて、偶然的なものが存在する余地はどこにもないことになります。したがって、行為を決定するために複数の選択肢を前提とする自由意志は、その存在が否定されることになります。
 しかし、もし決定論が主張するように、意志決定の自由が存在せず、すべての行為が因果的に必然的であるならば、行為に対する人間の責任はないことになります。ここに、自由な行為の余地を求めて人間の意志決定を特別視し、自由な選択を可能にする非決定性の存在を主張する非決定論が唱えられる理由があります。
 現在の私たちは自らの意志を自由に決定できると考えている一方で、未来の出来事は十分な知識をもつことによって予測できるとも考えています。この二つは常識的には両立しません。既にギリシャの昔からこのことが問題になり、「決定論と自由意志」、あるいは「決定と自由」の問題として議論されてきました。端的に、「自由と決定は両立するのか」という問題です。
<古代>
 メガラ派は論理的決定論を主張しました。排中律によってどんな命題も真か偽のいずれかでなければなりませんから、現実に起こる出来事を述べた命題はそれが起こる前から常に真であったということになります。そこから、あらゆる出来事ははじめから起こるべく定められているという決定論が導かれます。アリストテレスは、人間の行為に左右される出来事に関しては、このような決定論が成り立たないと考えていました。彼は行為の初期条件として「随意性」と「不随意性」(強要と無知)をあげ、排中律に基づく論理的決定論を行為論へ適用することには懐疑的でした。
 同時代のストア派は、すべてが運命によって生じるとしながら、同時に自由な行為の余地をも主張しようとし、運命の不可避性を必然性から区別するとともに、原因に種類の区別を設けました。またエピクロスは、原子論的唯物論を採りながら自由意志の存在を自明とし、原因をもたない偶然的逸脱を原子の運動に認めることによって、その存在の余地を生み出しました。
 アカデメイア派のカルネアデスは、どんな出来事も原因によって起こる、人間の意志決定は先行する外的原因によらず、意志そのものの自然本性を原因とするゆえに自由である、と主張しました。
<中世:キリスト教
 キリスト教世界では神学的決定論が問題になります。中世以降は神の全知、全能、完全性を前提にした決定論が主張されました。神が全知であれば、あらゆる真理は神によって予知されることになりますから、決定論が容易に導かれます。また、神が全能であれば、神はあらゆる出来事を前もって予定することができるはずです。自由意志による人間行為についてアウグスティヌスはこれを神の全知とは矛盾しないと考えましたが、人間の救済は全能の神の選択によるものですから、人間の意志には左右されないとみなしていました。中世では、神の全知・全能と人間の自由意志との関係が問われ、神の予知と予定による神学的決定論が唱えられる一方、永遠性と時間性との区別を根拠にして、人間の自由と責任の救済が試みられました。
 キリスト教の時代になると全知・全能の神との関わりの下に、決定論の問題は新たな様相を帯びることになりますが、これに対応した周到な考察を行ったのがアウグスティヌスです。彼は、神の予知と自由意志との関係について、神のものであれ人間のものであれ、およそ予知が意志の自由を排除することはないと論じました。
 自由意志という人間の自由の根幹に関わる問題は古くて新しい哲学的問題であり、絶えずある種の決定論との対決のなかで主題化されてきました。中世哲学ではそれは神の全能性を前提にした上で問題となります。神は創造主として世界のあらゆる出来事を把握し決定できます。そのなかには人間に関わるすべての出来事も含まれるので、人間はそのすべてを神によって決定されることになり、その限りで人間は自由な存在ではないことになります。