「瞬間」と「現在」:古典的世界観の古典性

 「物理的な対象や性質はいつでもどこでも決定していて、それゆえ決まった値をもち、私たちがそれを確かめるかどうかには関係ありません」というのが古典的な物理実在論の基本主張です。ガリレオが第一性質と呼んだ「物理量」は客観的な量として実数を使って表現できることになっています。そして、そこには人間の考え、意識、知覚経験などは関与しないことになっています。ですから、物理世界は客観的な性質からなる客観的世界ということになり、冷たくとも正確で信頼できる古典的世界像が成り立つという訳です。「瞬間」や「現在」という概念もそのような世界像を支える古典的概念なのです。
 「正確である」ことを表現する術を知覚はもっていません。目を凝らし、耳を澄ますことしかできません。ですから、知覚は経験を味わうには相応しくても、その結果を表現するには向いていません。そこで、私たちは数学に頼ることになりました。私たちは重さを感じることができるのですが、「53kg」は感じられません(つまり、私たちは53kgに相当する重さは感じることができるのですが、「53kg」は感じることができません)。53kgは正確な値ですが、感覚される重さは曖昧な幅のあるものです。
 「正確さ」は感じることができないのです。でも、感じたものを別の表現の仕方によって正確にすることはできます。「瞬間」は本能的な感覚で、それは動物が生存するために不可欠な感覚です。瞬時に反応しないと殺される危険があります。でも、それを表現しようとすれば実数や点を使う必要がありました。実数や点は「瞬間」や「現在、今」の解釈、表現として、実に見事で手際がいいのですが、私たちの本能的な感覚としての「瞬間」や「現在」を正しく解釈、表現しているかと言われるとよくわかりません。とてもスマートで綺麗で、モデルをつくるには適しているのですが、私たちの実際の感覚的な「瞬間」や「今」は反応時間のように幅をもったものでなければなりません。
 時間や空間は物理対象のようには直接に知覚できません。それらは見たり触ったりできません。「夕方になった」と感じますが、夕方は知覚できません。「5時30分だ」と知覚できないのですが、時計を見て知ることができます。時間に関わる事柄は知覚できる、知覚できないという区別が実に微妙で、そのため、大抵の場合時間と空間は知覚経験ではなく、時計や物差しを通じて、つまり数学的知識によって理解されてきました。
 古典的世界観は古典物理学が描く世界の基本枠組みを基礎にしていて、古典的な物理世界の確定性がもれなく認識できることになっています。すると、「瞬間」も「現在」もある実数や点として表現されることになり、限りなく正確な各時刻、各地点での状態がわかることになっています。そのような「瞬間」や「現在」は経験できません。特に感覚経験は望めません。ですから、古典的世界観は私たちがいない世界ということになります。一方、哲学者たちは私たちがいる世界で私たちが感じる「瞬間」や「今」を明らかにしたいと思っていて、感覚的な瞬間や今に拘泥するのです。
 私たちの「瞬間、今」は、本能的な間髪入れない反応の表現と、学習によって点や実数による表現とがミックスしてでき上がった概念です。でも、実際のところ、どのようにミックスしているのか誰も知りません。ミックスなどしないで片方だけで通すのがすっきりしているのですが、生活世界での私たちは実益を優先するためミックス型を選んできました。ベルクソンハイデッガーが前者を主にして、物理学者は後者を主にして時間を考察し、したがって、瞬間や現在を考えてきました。それらの知識を受け継ぐ私たちは、瞬間や今を時には本能的、感覚的なものとして、時には点や実数で表現されるものとして、そして、ほぼ無意識に両方を含んだものとして理解し、使ってきました。
 このミックスは実にいい加減で、見かけのミックスでしかありません。