ライプニッツのモナド

 ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz1646-1716)が大きな影響を及ぼした思想の一つが『単子論』で展開した「モナド」という実体をめぐる議論である。ライプニッツはなぜ「モナド」という奇妙な概念を思いついたのか。ギリシャ哲学の原子論を構成する「アトム」と一見似ているが、アトムとは違って物質的な内容を一切もたない。モナドは徹底して精神的。つまり、「モナド=精神的アトム」である(「精神的アトム」という表現は「丸い三角」と同じようなもの)。しかも、この精神的なものが私たちには物質的にしか見えない世界を構成している真の単位だとライプニッツは主張する。世界は無数のモナドが集まって構成されていて、それら自体は消滅せず、互いに交渉せず、一つ一つのモナドが宇宙全体を反映している。精神が物質世界を生み出している原理がモナドという訳である。
 デカルトは実体として「精神と物体」の二つを挙げ、さらにこれらを創造した神を究極の実体とした。これに対して、スピノザは実体の定義上神のみが唯一絶対の存在、つまり真の実体であり、それ以外のものは実体ではないとした。デカルトスピノザの実体をめぐる議論に対するライプニッツの解答がモナドである。ライプニッツも実体の定義から議論を始め、モナドに行き着いたのである。
 ライプニッツデカルトの「物体」は実体ではないと考えた。なぜなら、物体の特徴である延長は多数性を含意し、それが「実体の集合」をもたらすからである。実体は定義上単一なものであり、したがって、それは延長を持たない。では、延長しないものが集まって、なぜ空間が形成されるのか。この問いに対して、ニュートンとは違ってライプニッツは空間そのものの実在性を否定した(ニュートンとの論争)。ライプニッツによれば、世界には空間も真空もなく、ただ無数のモナドが充満しているだけである。
この世に存在する無数のモナドの一つ一つは互いに何の関わりもない。では、なぜ異なったモナドの間に因果関係のようなものが生じるのか。この問いに対するライプニッツの答えが、各々のモナドにはあらかじめ確立された調和があるという「予定調和説」である。彼によれば、様々な事象が私たちに調和しているように見えるのは、神によって作られた多くの時計が、互いに関連しなくても同じ時刻を指すのと同じこと。この予定調和説はさらに進んで、モナドの中にはあらかじめ宇宙の全体が組み込まれているという主張につながっていく。私たちの眼には偶然に映ることでも、モナドにあらかじめ組み込まれたものが実現しているのであり、モナドが相互に調和しているようにみえるのも、この組み込まれている運命のようなものが発現した結果である。これは決定論そのもので、世界には偶然は存在しない。すべてはあらかじめ組み込まれていて、必然的に生起する。
 さて、個々の人間もやはりモナド。そのモナドは自分のうちに宇宙全体の出来事をあらかじめ組み込んで持っている。だから、そのモナドにとっての世界の現われは、偶然に見えるようでも、必然の出来事なのである。ライプニッツにとって、一つのモナドは世界を表象する単位であり、その限りでミクロコスモスなのである。
 ライプニッツが好きな人は多くないだろうが、とてもスケールの大きな思想の持主で、デカルトニュートンよりずっと老獪である。