「空間」瞥見

 「時間」はなぜか哲学の関心事だが、人気薄の空間は次の四つの仕方で研究されてきた。

A. 形而上学(Metaphysics)空間とはどんなものか?
 ニュートンライプニッツの論争は歴史的に有名だが、それぞれの主張は次のような形而上学的なものだった。

・空間は物理的な対象からは独立して存在する絶対的な実体である。世界から物理的な対象をすべて取り除くと、残るのが空間である。(ニュートン、絶対空間)

・空間は物理的な対象の間にある関係に存するだけである。世界から物理的な対象をすべて取り除くと、残るものは皆無である。(ライプニッツ、相対空間)

B. 認識論(Epistemology)空間についてどのように知ることができるのか?
 カントとポアンカレのまるで異なる空間の特徴づけは人の認識の怖さを物語っている。

・空間についての知識は純粋理性に完全に基づいており、理性によれば空間の幾何学ユークリッド幾何学である。(カント)

f:id:huukyou:20160715062526j:plain

・空間についての知識は完全に経験に基づいており、経験によれば空間の幾何学は規約的である。(ポアンカレ

C. 物理学(Physics)運動理論において空間はどんな役割を演じるのか?
 理論が異なると空間は異なる仕方で表現される。

・空間は連続的、一様的、等方的であり、古典力学ではガリレオ変換に対して不変、相対性理論ではローレンツ変換に対して不変である。

D. 常識(Fork Science)日常世界で空間をどのように捉え、利用するか?
 地球、地域、大地、山、川、海、街、家はどれも空間的で、空間内にある。

・日常空間は左右、前後、上下をもち、私たちが活動する入れ物、場所となっている。