「経験と物語、あるいは因果的な経験」と「経験と構造、あるいは幾何学的な経験」

 私たちの経験を外から俯瞰的に眺める場合も、経験する内容を内から意識する場合も、いずれの場合も何かの変化を経験していることについては共通している。経験すること自体、そして時には経験する内容も共に因果的な変化であり、その変化の最も基本的なものが運動変化である。物理学が変化の中で最も単純明快な運動変化を明らかにすることであるなら、物理学の目的は私たちの基本的な経験そのものの解明ということであり、それに異論を差し挟む余地などないだろう。だが、哲学という文脈で私たちが経験やその内容について語る際、物理学と経験の関係に関しては大変異なる関係がこれまで想定されてきた。例えば、物理学は私たちの経験を無視することによって成り立っている、と多くの人に思わせている幾つかの哲学的な思想が今でも存在する。
 経験内容が運動変化である場合、運動変化の物理化は幾何学化することからスタートした。それがターレスの果たした役割だった。経験内容とは変化する世界そのものであり、その世界の構造は幾何学的である、これがターレスの基本テーゼである。世界内の変化を数学的に十分な仕方で操作する術はまだなく、そのためか数学化は形而上学化へと性急に転向していく。そして、それを具現したのがエレア学派のパルメニデス、ゼノンだった。プラトンアリストテレスも経験内容を形而上学的に昇華(簡約化、単純化)することによって、経験内容の大雑把だが、合理的な客観化を目論んだ。
 経験内容をより包括的に数学化することは、ずっと時代が下ってガリレオの登場を待たねばならなかった。運動変化の数学的な表現は最終的にニュートンによって解析学的に与えられる。「変化の幾何学化が構造的で、変化の解析学化が因果的」という表現は少々危険な表現だが、それを敢えて使えば、「運動変化の経験の数学化」を成し遂げたのが解析学だったと言っても誤ってはいないだろう。少なくとも解析的表現は運動の因果的変化を連続的、逐次的に捉えようとしている。それは経験の形態の把握そのものであり、そこに余分な形而上学を介在させる必要はない。
 経験の数学的表現の最初の成功が世界の構造を捉える幾何学だったとすれば、二番目の成功が運動変化の軌跡を捉える解析学だった。恐らく、経験の三番目の成功は経験内容のもつ情報で、それは19世紀末から確率・統計的に捉えられ、表現されてきた。
 運動や歴史といった時間的な変化は、建物、仕組み、システムといった持続的な構造とは異なる側面をもっている。構造と物語、システムとナラティブといった対は対立するだけと受け取られてきたが、物語、歴史は私たちの経験そのものに根ざすものであり、一方構造はその経験内容を俯瞰的に理解するときの基本となってきたものであり、対立するどころか補完し合うものである。