読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釈迦の出家

 釈迦(ゴータマ・シッダールタ)は釈迦族のカピラ国の王子。釈迦は当時の最高の教育を受け、将来王として釈迦族国家を統治することが期待されていた。彼は物質的には不自由なく成長したが、次第に世の中の矛盾や人生の苦しみを感じ出す。彼はただ頭脳明晰というだけでなく、世の苦しみの姿を見て心をいためる優しさをもっていた。
 当時は青銅器から鉄器に移行する時期で、強力な鉄製武器による戦争が起き、彼は釈迦族を強大な国にすることを期待されていた。だが、武力による弱肉強食と政治の世界は彼の性格に合わなかった。当時多くの自由思想家を輩出していたインドで、彼は哲学的な真理探究への憧れから出家修行の道を選ぶ。真理探究の修行を通して悟りを開き、自己の精神的苦悩や葛藤を解決したいという望みから妻子を捨てたのである。

 中阿含経羅摩経には釈迦の青春回想録がある。それによれば、29才で出家した釈迦の目的は「無病、無老、無死、無憂寂、無穢汚なる無上安穏の涅槃を求める」ことにあった。釈迦の出家は彼自身の心の内面の問題が原因である。大乗仏教で言う「一切衆生を救うため」より、「無病、無老、無死、無憂寂、無穢汚なる無上安穏の涅槃」を求める個人的真理探究であったと考える方が自然である。原始仏教には現世否定と悲観的人生観がつきまとっている。後世の大乗仏教では、全ての苦しむ衆生を救うためというのが目的となっているが、この経典から釈迦の出家の目的は彼自身の苦しみを解決するためだったのである。また、釈迦が考える真理は単なる真理ではなく、「聖なる真理」と呼ばれ、それは彼の言葉「至信にして出家学道し身命の清浄を護り、口命意命の清浄を護れり。…無穢汚なる無上安穏の涅槃を希求…」の中の「清浄、無穢汚なる」といった言葉に表れている。この聖なる真理を求める姿勢は一生変わらない。これが後に仏教が宗教化される要因になったと考えられる。
 釈迦の6年にわたる求道の旅で最初に師事したのはアララ仙人とウッダカ仙人。それが禅との関係を予想させる。何故ならアララ仙人(アーラーラ・カーラーマ)もウッダカ仙人(ウッダカ・ラーマプッタ)もバラモン階級に属する正統派の思想家ではなく、禅定修行に専念する自由思想家だったからである。
 釈迦が最初に訪ねたアララ仙人は「無所有処(何物も所有する思いがないという境地)」に達し、その禅定(座禅)修行を指導していた。中阿含経羅摩経にはアララ仙人のもとで禅定修行した釈迦はほどなくアララ仙人の説く法をマスターした。だが、アララ仙人の指導に満足できなかったゴータマ・シッダールタは次にウッダカ仙人を訪ねた。ウッダカ仙人は「非想非非想処(思いがあるでもなく、無いのでもないという境地)」に達していた。ウッダカ仙人のもとで修行した釈迦はほどなくウッダカ仙人の説く法を自らのものにした。
 釈迦は出家後の最初の求道の旅においてアララ仙人とウッダカ仙人の指導を受け、坐禅修行に集中した。その修行の結果、アララ仙人の説く「無所有処定」とウッダカ仙人の説く「非想非非想処定」という禅定法を短期間で修得した。しかし、これに満足できず、その後彼は長い苦行に入ることになる。
 釈迦は29才の時出家して開悟するまで6年を要したという。アララ仙人とウッダカ仙人のところでどれくらいの期間修行したかはっきりしないが、苦行は6年間と伝えられている。苦行の内容は比較的はっきりしている。彼は山林にこもって修行をする。この修行の目的は恐怖との戦い、欲望との戦いであった。欲望とは主として食欲である。彼は激しい断食に挑戦する。飲食物を最低限、命をぎりぎり維持するところまで制限する。1日にナツメの実1粒から始め、次は1日に米1粒、さらに1日にゴマ1粒と食事量を減らした。最後にはすべてを断つ。このような苦行によっても彼は悟りを得ることができなかった。
 また、呼吸のコントロールも実践したと伝えられている。これは「呼吸とは何か。息を止めたらどうなるか」を実体験を通じて知りたかったからと考えられる。その頃のインドでは人間は何故呼吸するのか、空気中の酸素が生命維持に不可欠なこと、などが知られていなかった。科学知識がなかったからこそこのような無謀な修行ができたと考えられる。古来インドでは肉体を苦しめ修行することは宗教的な力を蓄積すると信じられていた。特に、断食をすれば神秘的な力が獲得されると信じられていた。釈迦は自らの身体と心を明らかにするため、自らの命を賭して壮絶な実験を行ったのである。
 このような苦行に集中したため、何度も気を失い、死にかける。そして、釈迦はこのような苦行から何も得ることができないと気づくのである。彼は遂に苦行を捨てる。その後、悟りを達成しようという一大決心のもと、吉祥草を敷き菩提樹の下で座禅する。ある日、彼は深い禅定に入ったまま夜を徹して坐禅を続けた。そのまま早朝に至り、ふと眼を上げて暁の明星を見て大悟し、ブッダ(覚者)としての自覚を得た。釈迦35才の時である。
 釈迦の「初転法輪(最初の説法)」では梵天ブラフマー神)が関わったと伝えられている。釈迦が最初に説法をしたのは開悟して実に5週間後。開悟の後、最初の一週間彼は菩提樹下で解脱の喜びと楽しみをかみしめながら座禅していた。第2週目にはアジャパーラ榕樹(バンヤン)の下に移り7日間を過ごした。第3週目にはムチャリンダ樹の下で7日間を過ごした。その時大雲が起こり7日間雨が降り寒風が吹いた。第4週目にはラージャヤータナ樹の下で7日間を過ごした。第5週目にはアジャパーラ榕樹の下に移った。この時「梵天勧請」という奇跡が起こったと伝えられる。つまり、梵天が出てきてこのまま静観したまま死のうとするブッダに三度に渡って生きて説法をするよう懇願したというのである。梵天の三度の熱心な懇願によって、釈迦はようやく説法を始める気になったというのである。梵天ブラフマー神)は宇宙の創造神であり、ヴェーダ時代のインドの最高神。
 この物語は大乗仏教ブッダが神格化される前から既にブッダを神格化しようとする動きがあったことを示唆している。ブッダは説法しても理解されないか誤解されるだけだと考え、人々に説法はしないでそのまま涅槃に入る(死ぬ)か、このまま静観しようとした。その時宇宙の最高神である梵天が現れブッダにこのまま説法しないでいると世界は闇になるからどうか説法を開始してほしいと懇願する。ブッダはこの梵天の熱心な懇願を三度も受けて説法を開始する気になった、と言うのが梵天勧請説話である。
 しかし、「三明経」という原始仏典ではブッダ梵天の存在と信仰をはっきり否定していて、その方がその後のブッダの一貫した思想と矛盾しない。この観点からすると梵天勧請説話は仏教徒ブッダ仏教を権威づけるために創作した作り話ということになる。
 では、ブッダは開悟後5週間の間菩提樹などの樹下で何をしていたのだろうか?1カ月間は自分の悟りの内容を体系化しそれを分かりやすく説法する準備をしていたのではないかと思われる。なぜなら、初転法輪の説法の内容がその場の思いつきでは考えられないほど極めて論理的で首尾一貫した思想となっているからである。
 「梵天勧請」説話を記した相応部経典にはブッダの悟りの本質と内容が分かりやすく述べられている。経典の中でブッダは「世の人々は五つの感覚器官の対象を楽しみとし、それらを悦び、それらに気持ちを高ぶらせている。それらを楽しみとし、それらを悦び、それらに気持ちを高ぶらせている人々にとって、実にこの道理、即ちこれを条件としてかれがあるという縁起の道理は理解しがたい。」と考える。
 その後に続いて、「すべての存在の静まること、すべての執着を捨てること、渇欲をなくすこと、欲情を離れること、煩悩の消滅すること、それが即ち涅槃であるというこの道理も理解しがたい。」という。
 現代人にとってブッダの言うことは実に合理的で理解しやすい。しかし、実行できない、というのが本当のところ。ブッダの主張はよく理解できるが実行は難しいということである。また、ブッダの言う「すべての存在の静まること」とは何か?ブッダが体験した涅槃とは何か?これらはよくわからない点である。その意味では現代人にとってブッダの悟りと涅槃は意外に近いところにあると思われる。この経典には仏教の最終目的である「涅槃」がわかりやすく定義されている。
 そこで、涅槃の定義を考えてみよう。
定義:すべての存在の静まること、すべての執着を捨てること、渇欲をなくすこと、欲情を離れること、煩悩の消滅すること、それが即ち涅槃である。
 この「涅槃」の定義のなかで特に、冒頭の言葉「すべての存在の静まること」の意味がわかりにくい。この言葉は坐禅の集中状態である禅定の視点から考えると比較的わかりやすいのではないか。「すべての存在の静まること」とは深い禅定に入って雑念が消滅することを指していると考えられる。そのように考えれば、「坐禅の修行によって、すべての執着を捨て、渇欲をなくし、欲情を離れ、雑念や煩悩が消滅すること、それが即ち涅槃である」と言っていることになる。これが涅槃の定義ではないのか。