読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッダの遺言と最期の教え:自帰依と法帰依

 マハー・パリニッバーナ経(「ブッダ最後の旅」)はブッダの死(=涅槃)を伝える原始仏教経典。80才になったブッダは肉体の衰えを感じ、侍者アーナンダと共に故郷に向けて最後の旅に出る。この経典はブッダの最晩年の姿と説法を伝えている。
 ブッダはヴェーサーリー近辺の出家修行者を集め、遺言ともとれる説法をする。そこでブッダは修行僧たちに告げた。「さあ、修行僧たちよ。わたしはいまお前たちに告げよう。もろもろの事象は過ぎ去るものである。怠けることなく修行を完成しなさい。久しからずして修行完成者は亡くなるだろう」と。このように説いたあとでさらに次のように述べた。「わが齢は熟した。わが余命はいくばくもない。汝らを捨てて、わたしは行くであろう。わたしは自己に帰依することをなし遂げた。汝ら修行僧たちは、怠ることなく、よく気をつけて、よく戒めをたもて。その思いをよく定め統一して、おのが心をしっかりと守れ。この教説と戒律とにつとめはげむ人は、生まれをくりかえす輪廻をすてて、苦しみを終滅するであろう」と。
  上の説法中で注目すべきは 「わたしは自己に帰依することをなし遂げた」という表現である。この表現にブッダの教えの本質がある。ブッダ最晩年の姿を伝えるこの経典は重要なことを四つ述べている。それらは次のものである。

1.ブッダの教えに秘密の教えはない。  
2.ブッダには「わたくしは修行僧のなかまを導くであろう」とか、あるいは「修行僧のなかまはわたくしを頼っている」という考えがない。
3.この世で自らを島とし自らをたよりとして、他人をたよりとせず、法を島とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ。
4.心だけでなく諸々の事象を観察し、熱心によく気をつけ念じ、貪欲と憂いを除くべきである。

1はブッダの教えには秘密の教えがないことを述べている。大乗仏教では秘密の教えを強調し始め、後期大乗仏教密教はその秘密の教えである。そこにはブッダが禁止した呪術やマントラが麗々しく取り入れられている。2のブッダの言葉はブッダが無我の教えを完全に自分のものにしていたことを示している。普通なら新興宗教の教祖ブッダは死ぬ前にその教団をいかにして発展させ、保持するかに腐心する。後継者を指名したり、有力な弟子達に教団の未来を託そうとする。しかし、この経典を読む限り、ブッダには自分が創設した教団に対する我執や我欲の思いがなかった。この「無我の思想」は仏教の核心である。3の「この世で自らを島とし自らをたよりとして、他人をたよりとせず、法を島とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ。」という言葉は「自帰依」、「法帰依」の教えとして有名。「自帰依」、「法帰依」の教えはブッダの教えの正に核心をなす。ここには神や諸仏への信仰は何も説かれていない。これはブッダの教えが時代を超えた合理的なものであったことを示している。4でブッダは「心をはじめ諸々の事象について熱心に、 よく気をつけて観察し、貪欲と憂いを除くべきだ。」と言っている。客観的観察の姿勢は実証的な科学者の姿勢である。キリスト教イスラム教などでは自己への帰依は説かれず、唯一神への絶対的な帰依を説く。これと反対に、ブッダは神などの超越者に帰依することではなく、自己と法(理法=真理)に帰依する道を説いている。
  ブッダは最後の説教で「法帰依」と「自帰依」を説いた。人間は弱い。そんな弱い人間よりも全知全能の神や阿弥陀如来に帰依する方が得策。実際、ブッダの死後ブッダの「自帰依」の教えは変容し、ついには放棄される。ブッダの死後500年経つと、仏像が作られ、ブッダは神に格上げされ、崇拝と信仰の対象に祭り上げられる。仏教徒ブッダの悟りと教えの真髄を忘れ、弱い人間ブッダよりも神として祭り上げた如来(=ブッダ)や菩薩を崇拝し、帰依する道を選ぶ。大乗仏教の成立によって、「法帰依」と「自帰依」の道は忘れ去られた。彼らは膨大な大乗経典を創作し、諸仏や諸菩薩信仰の道をひたすらに進んで行く。大乗経典には阿弥陀如来薬師如来大日如来、観世音菩薩、弥勒菩薩文殊菩薩など多くの仏や菩薩が登場する。しかし、大乗経典に登場する諸仏・諸菩薩は原始仏典には存在しない創作である。
 ブッダは教団の指導者という意識を持たなかった。実際に教団の創始者であったが、教団が自分のものであるという意識はなかった。教団への執着はなかったから、 死後の教団維持についてもブッダには執着心はなかった。ブッダ以降の仏教教団には、教団の実質的な指導者はいたかも知れないが、 代々の指導者を組織的に立てることはなかった。
 夏目漱石は『心』の中で主人公に「私は私自身さえ信用していないのです。つまり自分で自分が信用できないから、人も信用できないようになっているのです。」と言わせている。2500年前ブッダは自己自身に向き合い、八聖道と理法の実践を通して信頼できる自己を確立することができた。それがブッダの「「自帰依」の思想で、「近代人の心の闇」は古代インドで克服されていた。