読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲の良し悪し 

 ブッダ仏教は人間の何に貢献するのか?このような問いは人間の傲慢な態度の典型だと批判されても仕方ないだろう。絶対的な神にとっては人間など被造物の一つに過ぎず、その神が人間に貢献するなどということはあり得ない話である。人間こそ神に貢献すべきなのである。だが、ブッダ原始仏教は偏に人間の解脱にその目的がある。神も仏もおらず、そのようなものに頼ることなく、ブッダが考案したマニュアルに従って修行すれば解脱できると説くのである。そして、ブッダのマニュアルを実行しようとすれば、出家し、小欲と座禅の中で乞食のような生活をしなければならない。
 欲を棄てることは実に困難。ブッダは科学的な面をもつと言われる。その科学は好奇心が前提になっており、好奇心という人間の欲望がなければ科学的な成果など覚束ない。知識は好奇心から生まれるが、それは出家した修行者には原則的に禁止されている。欲望がなくなれば、解決する問題と、欲望があることによって解決する問題があり、ブッダ仏教はもっぱら前者に焦点が当てられている。つまり、欲望は基本的に悪であり、欲望は善を生み出さないと考えられている。これはブッダだけでなく、ギリシャ以来の西洋思想にも色濃く見られる宗教の一般的な特徴である。「欲望は悪であり、欲望は善でない」という常識は今でも広く流布したままである。仏教に限らず、およそ宗教は人間の欲望や欲情を強く否定する。
 ブッダ仏教は文化も生み出さない。文化は欲望の結果である。欲望を否定する宗教は自らが怪しく、危ういものだと認識することに鈍感である。宗教は私たちの欲望を否定し、神に従うことを求める。欲望の行使が罪であり、それは罰せられなければならないという図式は、過去に多くの悲劇を生んできた。ブッダ仏教は俗人の欲望に対して何も言わない。完全に中立で、自らを俗世の外に置いている。文化など無視、政治など無視、伝統など無視、さらには家族など無視することによって、最後は解脱に至るということであるから、科学も、芸術も、文化も出家した人には空しいものに過ぎない。ブッダ仏教は強い目的をもった引き籠りの宗教なのかも知れない。
 私には好奇心がある。だから、哲学的な問題に未だに強い関心があるし、絵画も音楽も楽しみたい。当然ながら、日々の衣食住の多くに関心をもつ。そして、多くの人はそれらが人間の心を満たし、幸福をもたらす場合も、反対に不幸にする場合もあることを熟知している。それが人間流の生き方だとすれば、ブッダとその弟子たちの生き方は随分と違ったものである。
*釈迦苦行像(建長寺

f:id:huukyou:20160914064749j:plain