大乗仏教(1):部派仏教

  ブッダの死は一説では紀元前380年、そこから部派仏教が成立するまでの歴史を辿ってみよう。ブッダ滅後、団結していた仏教教団はアショーカ王時代(B.C. 268~B.C.232)に保守派と進歩派に分裂。時代と共にブッダの頃の戒律が社会に適合しなくなり、仏教に対する解釈の相違が表出したためである。これが「根本分裂」。西方の長老比丘を主とする保守派(上座部と長老部)と東方の自由な立場を主張する大衆部に分裂した。根本分裂後も仏教教団は分裂を繰り返した。これが「枝末分裂」。この結果、紀元前100年頃までに20ほどの部派が成立した。これが部派仏教アビダル仏教)。ブッダ死後から根本分裂まで比較的ブッダの教えが保持されていた仏教原始仏教ブッダに直接師事し、悟りを体験した比丘がいなくなるとともに、ブッダの残した法に対する解釈に相違が出始め枝末分裂に至り、部派仏教が生まれる。仏教には一神教のように異端を厳しく排斥する思想はない。考え方の違いから起きる分裂は自由思想を許すブッダ仏教の宿命である。
 ブッダ原始仏教では、1)食事は托鉢で得て、午前に一回だけ摂る、2)金銀財物を蓄えてはならない、3)僧院に住まず、森や野山に臥し修行に専心する、ことが求められていた。これは、欲望や渇愛が苦の原因だという原始仏教の教義からきている。しかし、時代と共に社会が豊かになり、仏教が王族や富裕商人層から支持されるようになると、僧が精神的な特権階級となっていく。寺院も整備され、僧はそこに居住し、僧団を維持運営するようになる。そうなるとブッダの時代の小欲知足の戒律は守られなくなる。そのような状況変化の中で部派仏教が生まれてきた。多くの部派に分れたとはいえ、ブッダの教えである阿含経と戒律はまだ忠実に守られており、この時代に仏教の三蔵が成立する。   
 「三蔵」とは1.仏教の基本的教理を述べた経蔵、2.戒律の集大成である律蔵、3.経典の注釈や基本教理の理論である論蔵、の三つ。ブッダの死後、仏教教団の事実上の指導者であったマハーカッサパ摩訶迦葉、まかかしょう)を中心に500人ほどの弟子が集まってブッダの教説を互いに確認・編集する作業を行った。これが第1次結集。この時の結集で教法(ダンマ)はブッダに25年間近侍したアーナンダ(阿難、あなん)が主に誦出。教団の規律は戒律に造詣が深かったウパーリ(優波離、うぱり)が主に誦出した。漢訳仏典の多くの冒頭は「如是我聞(にょぜがもん)」(かくの如く我聞けり)で始まる。この我は25年近くブッダに近侍した記憶力抜群のアーナンダ。仏典がアーナンダの記憶に頼って編纂された故事に基づいている。
 その後100年ほど経って第2次結集がヴァイシャーリーで行われた。第2次結集は戒律に関する異端を正すため正統派が中心として開いた。仏滅100年後までには長文の経が作られる。その頃教団に分裂が起こり上座部と大衆部に分かれた(根本分裂)。上座部と大衆部はその後さらに分裂し、最後には合わせて18部派となった(枝末分裂)。この時代の教法に関する研究は「法の研究」(アビダンマ、音写して阿毘達磨(あびだるま))と呼ばれ部派教団の中で盛んに行われた。この「法の研究」は一つにまとめられ西紀前後頃に完成した。これを阿毘達磨蔵(あびだるまぞう、アビダンマ・ピタカ)、あるいは「論蔵(ろんぞう)」と言う。この「経蔵」、「律蔵」、「論蔵」が三蔵(ティピタカ)。三蔵は一切経あるいは大蔵経とも言われる。中国唐時代の僧玄奘三蔵法師として現在でも有名。これは玄奘が経、律、論の三蔵の知識をもっていたからである。三蔵成立までに仏教教団は3回の結集を行った。

f:id:huukyou:20160916094416j:plain

玄奘三蔵像、東京国立博物館蔵、鎌倉時代

 部派仏教ではブッダの理法が既に変容し始めている。上座部系の法蔵部や犢子部(とくしぶ)ではブッダが禁止した神呪を集めた明呪蔵を三蔵の外に設けている。この事実は呪術的な密教の萌芽が部派仏教の時代にまで遡ることを示している。
 阿毘達磨倶舎論を著したのはヴァスバンドゥ(Vasubandhu, 世親、320~400頃)。略して倶舎論と呼ばれる。阿毘達磨(アビダルマ)とは「法について」という意味で、部派仏教アビダル仏教とも言われる。阿毘達磨倶舎論には部派仏教の中で有力だった説一切有部(せついっさいうぶ)の教理がまとめられている。日本の仏教学では「唯識3年、倶舎8年」と言われてきた。これは唯識学は3年で卒業できても、倶舎論を修学するには8年かかるという意味で、アビダルマの教理は複雑で難解であり、仏教のスコラ哲学とも言われている。

f:id:huukyou:20160916094550j:plain

(世親立像、運慶作、興福寺北円堂)

 現代の科学的で合理的な観点からみると、その教理は極めて論理的であり、単純明解な内容である。無味乾燥な論理の羅列に見えるが、2000年前の仏教徒仏教をどのように捉えていたかを知ることができる。説一切有部の教理の概略を見てみよう。 
 説一切有部(せついっさいうぶ)は「全てのものが存在する」と主張する。原始仏教はすべてを否定的に捉えるのに対し、この教理は全てのものが存在すると考える。そして、存在するものは法(ダルマ、Dharma)と呼ばれる。法(ダルマ、Dharma)は五位75法に分類される。五位とはすべての存在(ダルマ、法)を5つに分類したもので、色法、心王、心所有法(しんしょうほう、心作用)、心不相応行法(特に心とあい伴う関係にない法)、無為法(生滅変化しないもの)から成る。存在論と認識論の両方の分野をまとめて分類することによって整理した一覧表のようなもので、まとめると75種類(五位75法)となる。分類中心の理論は近代の博物学に見られるように、前科学的段階の知識の典型であるが、俱舎論もそのような知識体系である。
 その一部を垣間見ると、無為法とは虚空(大空)のように生滅変化しない法(=もの、存在)のこと。択滅無為の択滅とは択力(ちゃくりょく)(=知恵の力)によって得られる煩悩の止滅=涅槃のことである。非択滅無為(ひちゃくめつむい)とは正しい智恵によらないダルマの止滅をいう。涅槃とは正しい智恵(択力)によるダルマの止滅と定義されるので非択滅無為とは涅槃の反対概念である。無為法以外は生滅変化するもの(有為法)である。虚空(大気)は科学的に見れば変化している。本当は有為法に分類されるべきものであろうが、大気の成分は肉眼で捉えることはできない。観測手段を持たない古代仏教徒は虚空(大気)は不生不滅の無為法と考えたのだろう。心王とは心の中心となるようなもので、現代では脳のこと。
 以上の全ての法を足し会わせると、全ての法=色法(11)+心王(1)+ 心所有法(46)+心不相応行法(14)+無為法(3)=75と合計75種の法に分類される。これを五位75法という。75法のうち物質的なものは色法(11種)と、心王と虚空(空間)だけである。その他はすべて心と心作用によるものである。つまり、圧倒的に認識論が優位の分類となっている。75法の内72法が有為法(生滅変化するもの)で3法だけが無為法である。ほとんどの法が生滅変化する有為法であり、無常観を強調している。
 説一切有部の教理は心と心理作用を中心とした世界観である。五位75法は独立して実在しており、「自性」(実体)を持つとし、これが説一切有部と言う名前の由来になっている。この説は自己の心と心理作用から見た世界観であり、ブッダ原始仏教の伝統を受け継いでいる。心理作用について実体を有する実在と考えたところは古代思想の特徴。神格化された仏はどこにもいない点など、まだ大乗仏教のように宗教化はされていない。