「時そば」

 ある冬の深夜、小腹が空いた男Aが通りすがりの屋台の二八そば屋を呼び止め、主人に「おうッ、何ができる? 花巻にしっぽく? しっぽくひとつこしらいてくんねえ。寒いなァ」とちくわ入りのかけそばを注文。その後は、看板、割り箸をほめ、そばを食べながら器、汁、麺、具のちくわなどを幇間よろしく、ひたすらほめ上げる。食べ終わったAは、16文の料金を支払うのだが、「おい、親父。生憎と、細けえ銭っきゃ持ってねえんだ。落としちゃいけねえ、手え出してくれ」と言って、主人の掌に一文を一枚一枚数えながら、テンポ良く乗せていく。「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よう)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(やあ)」と数えたところで、「今何時(なんどき)でい!」と時刻を尋ねる。主人が「へい、九(ここの)つでい」と応えると、間髪入れずに「十(とう)、十一、十二、十三、十四、十五、十六、御馳走様」と続け、すぐさま店を去る。つまり、代金の一文をごまかしたのである。
 この一部始終を陰で見ていた男Bは、その手口にえらく感心。真似したくなったBは、自分も同じことを翌日に試みる。待ちきれずに早めに繰り出したBは、Aの真似をするがことごとくうまくいかない。とうとうほめるのをあきらめ、件の勘定に取り掛かる。「一、二、……八、今何時でい」主人が「へい、四つでい」と答える。「五、六……」。まずいそばを食わされた上に勘定を余計に取られるというオチ。
 この有名な「時そば」は大阪落語の「時うどん」が元になっている噺で、文脈的に相手を騙すところに妙がある。その文脈を巧みに利用したAに比べ、Bは異なる文脈で損をしてしまうことになる。「時そば」に触発され、文脈に依存しないで得をする話を考えてみた。釣銭の計算は文脈から独立している。「時そば」ほど直感的でないのが欠点で、きっと落語のネタには向かないだろう。ともあれ、次のような話である。
 コンビニで買い物をし、レジの従業員に代金が1004円と言われた。財布を見ると1000円札1枚、5円玉1個、それに1円玉が3個。残念ながら1円玉は使えず、財布に残ったままになってしまうと思いつつ、1005円払い、つり銭をもらった。つり銭は1円。財布の中の使ってしまいたかった3枚の1円玉と合わせれば4円になることに気づき、これ幸いにと4円を再度レジの従業員に出し、「お釣りをもらって、きっかり4円になったので、この4円を出すから、先ほど払った1005円の5円は返して下さい」と頼んだ。レジの従業員は「そうですね」と言って、5円玉を返してくれた。

 財布に最初1008円あり、それが今5円残っている。1008円あったのなら、買い物の金額は1004円だから、残金は4円のはず。だが1円多い。コンビニを出てそれに気づいた私はキツネにつままれたような気分だったが、結果がおかしいのだから、コンビニの遣り取りのどこかに誤謬が入り込んでいたはず。このままだと得をするのは私で、コンビニが損をしてしまう。私自身が気づかなかった点が「時そば」と根本的に違っていること。