空と雲

 今朝の空は朝焼けが見事でした。空に雲がなかったら、私たちはきっと退屈することでしょう。空と雲は空気と水がなければ存在しません。変幻自在な雲は空を自由に動き回り、消えては現れることを繰り返しながら存在しています。
 最後の一枚は「天使の梯子」。この呼び方は、旧約聖書創世記28章12節に由来するといわれています。ヤコブが夢の中で、雲の切れ間から差す光のような梯子が、天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たとされていることから、光芒を天使の梯子と呼ぶようになりました。別名は「レンブラントの光線」。

f:id:huukyou:20161009134718j:plain

f:id:huukyou:20161009134805j:plain

f:id:huukyou:20161009134839j:plain

f:id:huukyou:20161009134928j:plain