読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏教の経典とは?

 経典とはお経。誰も聞いたことがあるように、お経は唱えられます。聖書もコーランも経典の量に比べれば、何とも貧弱。ユダヤ教旧約聖書+タルムード、キリスト教旧約聖書新約聖書イスラム教=旧約聖書コーランと大胆に図式化すれば、いずれも経典としては共通部分が多いのですが、仏教はこれらの宗教のどれとも共通の経典をもっていません。「コーラン」は預言者ムハンマドによって書かれたイスラム教の聖典で、神(アッラー)が天使カブリエルを通して伝えた啓示を114章にわたって書きまとめたもの。また、聖書と同じ物語なので、それはすでに知っているとした上で、内容は物語の順ではなく、長い章から先に配置されています。
 それら世界宗教に対して、仏教の経典は実に多種多様。原始仏教から見れば、大乗経典は方便と言われます。それでも、経典はその内容の違いから三つに分類され、三蔵と呼ばれてきました。
三蔵:(1)経:釈迦の教えをまとめたもの、(2)律:仏教徒の行動規範(戒律)、(3)論:経や律を研究し、注釈したもの
 また、経典は教義の違いから二つに分類できます。
小乗経典:釈迦が直接弟子に説いた教えをまとめたもので、原始仏教の経典。『阿含経
大乗経典:大衆に釈迦の教えを広めるための経典。『般若心経』、『法華経』、『華厳経
(さらに、密教経典:密教の奥義を説いた大乗経典。『大日経』、「金剛頂経』)

阿含経
 数千におよぶ経典の総称で、「長阿含経」、「中阿含経」、「雑阿含経」、「別訳雑阿含経」、「増一阿含経」などがあります。「長阿含経」には、須弥山からなる原始仏教の世界観が描かれています。

般若心経(天台宗真言宗、浄土宗、禅宗
 正式名は「摩訶般若波羅蜜多心経」または「般若波羅蜜多心経」です。「般若」とは智慧を、「波羅蜜多」とは「智慧で彼岸へ渡る(さとりをひらく)」ことを意味し、「すべての人々を彼岸へ渡らせる」と主張して登場した大乗仏教の基本的な考えを初めて宣言した経典です。日本で一般的にいう「般若心経」は玄奘訳のもので、玄奘が訳した全600巻から成る「大般若経」の中から、そのエッセンスを簡潔にまとめたものです。609年(推古天皇)にもたらされたサンスクリット語の般若心経が日本最古のもので、法隆寺に残っています。
 「色即是空、空即是色」の一節は有名で、深遠なる「空」の境地を説いたものです。それまで原始仏教がこだわり、説いてきた煩悩克服の教えに対して、「一切こだわるな」と教えています。煩悩を克服しようと執着する心を捨て、こだわりのない心を持ったなら、おのずと「空」の境地が開けてくる、それこそが真理であり、一切の苦しみから解き放たれる道であると教えています。原始仏教の教えの対極にあって、しかも出家僧だけでなく、全ての人々に対して説かれた革新的な経典と捉えられ、大乗仏教の根本経典となってきました。
*般若心経は日本人には特別に人気のあるお経。「般若」は古代インド語の「パーニャ」、智慧という意味です。「心経」は、エッセンスですから、智慧の神髄、究極の智慧がこのお経の中に詰め込まれています。「空」は変化のことです。空を見上げていると、天気が目まぐるしく変わるのを目撃できます。天変地異が続き、絶えず変化することが「空」なのです。どんなに美しい人でも50年も経てば老人に変貌し、その先には死が待ち構えています。そうした絶対的な変化が「空」です。「空」とはヘラクレイトスの「万物流転」と同じです。世界、宇宙とは「万物流転=空」を本質としているのです。それが『般若心経』の中で「色即是空」と表現されています。この4文字は、木々も山海も、地球や宇宙も、万物は例外なく変化して、いずれ滅びて無になるということを示しています。ブッダが「色即是空」に込めた智慧は、「この世のすべては束の間の存在に過ぎず、それに執着したりこだわるのは、もうやめよう」という教えでした。「起こってしまった過去をそのまま受け入れる」ということです。一度起きたことは、もう変えられません。過去への執着から自由になり、すべてをあるがままに受け入れたとき、人は平安な心を手に入れ、幸せになれるのです。
 『般若心経』の「色即是空」の後には、「空即是色」の4文字が続きます。万物は変化するだけでなく、変化の結果として再生するのです。生きものはどんどんと亡くなっていき、いずれ姿を消します。これは「色即是空」。しかし、そのうちまた新たな命が誕生し、地上に溢れます。これが「空即是色」です。「空即是色」にも、ブッダの教えが込められています。万物は再生しますが、生まれてくるのはいいことばかりではなく、地震津波など不幸で、歓迎したくないことも再生します。それを人間の力で押しとどめることはできません。将来起こることのすべてを人間がコントロールするのは不可能です。そこから将来を怖がって前に進もうとしない人が出てきます。ブッダはそういう人に対して、これから起こることを心配しても仕方なく、自分にできる限りの努力をすれば、その後はもう天に任せて思い悩むべきでないと説くのです。
 色即是空が「過去を受け入れる」なら、空即是色は「未来を受け入れる」ことです。こだわりを捨ててこの2つの境地に達することが「さとり」なのです。

法華経天台宗日蓮宗
 代表的な大乗経典で、正式名は「妙法蓮華経」、日本で最初にこれを講じたのが聖徳太子。漢訳では、鳩摩羅什の訳のものが最も多く用いられました。全八巻二十八品からなり、大きく分けて「迹門」と「本門」の二つに分けられ、さらに序文・正宗分・流通分の三部に分けて解釈されることから二門六段といいます。「迹門」は釈迦が久遠(永遠不滅)の仏であるという実体を明らかにする以前の教えで、「本門」は釈迦が久遠の仏であることを教え、この教えを信じ、実践する者に至福への道が明らかにされています。
「方便品」(ほうべんぽん)
 あらゆる事物の成り立ちについて、縁起の法則を詳しく述べながらも、これさえも究極の真理ではなく、人々を救いに導く方便(手段)であるとしています。
「自我偈」(じがげ)
 釈迦の「久遠の成仏」を説いたものとして、「法華経」の真髄とされる如来寿量品第十六のなかでも特に重要な部分です。
「観音経」
 観世音菩薩の名前を唱えるだけで、どんな災厄からも救われるという現世利益を説いています。もとは単独の経典でしたが、後に法華経に組み入れられました。

無量寿経浄土三部経、浄土宗、浄土真宗時宗
 序・本論・結語の三部四章からなり、経が長いことから「大経」とも呼ばれます。法蔵菩薩が一切衆生を救済するため仏陀となることを志し、その本願(誓い)として四十八願をたてます。長い修行をへて、すべての誓願を成就させた法蔵菩薩阿弥陀如来となり、荘厳なる西方極楽浄土が出現します。そして極楽往生を願う人々に称名念仏を説いています。

観無量寿経浄土三部経、浄土宗、浄土真宗時宗天台宗
 略して「観経」とも呼ばれます。ドラマチックな王位継承をめぐる骨肉の争いをベースにして、極楽往生するための具体的、実践的な方法論を詳しく説いています。

阿弥陀経浄土三部経、浄土宗、浄土真宗時宗
 浄土三部教のなかでもっとも短いため、「小無量寿経」「小経」とも呼ばれます。現在、浄土系各宗派の法事などでよく読誦される経典です。簡潔、コンパクトに、極楽浄土の荘厳な様子や、極楽浄土へ往生する方法を説いています。
* 浄土真宗で大事なお経は『大無量寿経』、『観無量寿経』、『阿弥陀経』の三つで、これを浄土三部経といいます。浄土真宗ではこの三つのお経を大切にし、『般若心経』や『観音経』などを読んだり書写したりすることはありません。浄土三部経には、阿弥陀仏のことが集中的に説かれています。親鸞は、「それ真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり」(教行信証)と述べ、真実の経(釈尊の本心が説かれている経典)は『大無量寿経』ただ一つと断言しています。
 『大無量寿経』は、略して「大経」ともいわれ、釈迦はこの経の初めに、「如来、世に出興する所以は道教を光闡し、群萌を拯い恵むに真実の利を以てせんと欲してなり」と言い、「私がこの世に生まれ出た目的は、一切の人々を絶対の幸福に導く、この経を説くためであったのだ」と宣言しています。これを出世本懐経といいます。出世本懐経とは、真実の経と同じ意味で、釈尊の本心が説かれている経典ということから、『大無量寿経』以外のすべての経典は、方便のお経ということになるのです。さらに『大無量寿経』の終わりには、「当来の世に経道滅尽せんに、我慈悲を以て哀愍し、特にこの経を留めて止住すること百歳せん」と、真実の経であることの、とどめを刺します。これは、「やがて、『法華経』など一切の経典が滅尽する、末法・法滅の時機が到来するが、その時代になっても、この『大無量寿経』だけは永遠に残り、ますますすべての人々を絶対の幸福に導くであろう」ということです。
 『観無量寿経』は、略して「観経」ともいわれます。「王舎城の悲劇」で有名な、韋提希夫人への説法が記されています。 釈尊在世当時、マガダ国の王・ビンバシャラ王の妃・韋提希(イダイケ)夫人は、わが子・阿闍世(アジャセ)によって、七重の牢に閉じ込められます。この時釈尊は、「このたびは特に大事な話をしよう」と言われ、大衆を前に霊鷲山で『法華経』の説法をしていました。しかし、牢獄で苦しむ韋提希夫人の救いを求める声に、『法華経』の説法を中断して、王宮に降臨され、弥陀の救いを説かれたのです。これは、本師本仏の弥陀の本願こそ、釈迦一代の仏教の目的であることを示しています。
 『大無量寿経』を「大経」というのに対して、『阿弥陀経』は「小経」ともいわれます。ここには阿弥陀仏と極楽浄土の様子が詳しく説かれています。この経の眼目は、東西南北上下(六方)の大宇宙の諸仏方が異口同音に、「弥陀の本願まこと」を証明されている「六方諸仏の証誠」にあります。普通のお経は、だれかの質問に答える形で説かれていますが、『阿弥陀経』だけは「無問自説の経」といわれ、釈尊の問わず語りの説法です。

 経典の初歩の話だけでは何もわからないのですが、それが方便だと言われてきたことについて、一体何のための方便なのかだけ触れておきましょう。経典という形式で情報公開を図り、ブッダの教えを広く伝えたい、というのが方便の理由。そのために物語の創作が行われ、信仰のスタイルが変更されることになったと思われます。信仰を広めるための方便、それが経典の創作となり、かくも多彩な経典群が誕生したのです。