弱者への反発:ニーチェの場合

 「神は死んだ。今や我々は欲する。超人生きよと。」これはニーチェが『ツァラトゥストラかく語りき』で述べた有名な文句。ヨーロッパ社会ではキリスト教的な価値観が長く支配してきました。キリスト教の神の意にかなうことが善で、これにそむくことが悪とされてきました。人間とは何ごとにも常に肯定的に、ポジティブに生きていくことができない生き物です。そのため、強者に対する弱者の妬みや嫉み(ルサンチマン=憤り、怨恨、憎悪)が生み出されます。そして、強者に対する弱者の不平不満の気持ちが、過去への復讐心や未来への償いを求める心(「今はつらいが、未来あるいは来世は必ず良くなる」という他力の心)を生み出すのです。人は、「道徳的には自分が正しい、いずれあいつらは地獄に落ち、自分は天国にいける」といった気持ちを持ってしまい、これが善悪という価値の起源になるのだ、とニーチェは主張します。彼によれば、キリスト教的価値観はこの考えにぴったり適合するのです。ニーチェは、キリスト教的な神や価値観、プラトン的な形而上学的真実在、超越的な彼岸世界への信仰が消滅し、現実の世界が無価、無意味になり、ヨーロッパが歴史的に危機状況にあることを「神は死んだ」という言葉で表しました。

f:id:huukyou:20161017071429j:plain

*「神は死んだ」の表現は『悦ばしき知識』(Die fröhliche Wissenschaft,1882)の108章、125章、343章にあります。125章の記述を抜粋すると、
Gott ist todt! Gott bleibt todt!
Und wir haben ihn getödtet!
(God is dead. God remains dead. And we have killed him. Yet his shadow still looms.)

 キリスト教的な清く正しく美しくという生き方は、世の多くの弱者に対して今どんなにつらくても真面目に清く正しく美しく生きていけば、来世は天国に行けるという考え方を植えつけてきました。それをニーチェは「現世は原罪を背負って生きる、呪われたかりそめの生であって、本当の生は来世にある」とする現実否定の思想、ニヒリズムと表現しているのです。
 ニーチェによれば、善悪という価値に始まり、あらゆるものの価値は人間のルサンチマンに求められるものであり、それは決して神によって定められたものではありません。西欧の人々が生きる基準に置いてきた、キリスト教的な清く正しく美しい生き方というものは、実は人間のルサンチマンに始まるものであり、神が先にありきというのではないのです。と同時に、ルサンチマンと表裏一体となって人間社会を作り上げてきたキリスト教的価値観は、「無への意思」を体現するものとして否定されなくてはならない、とニーチェは考えたのです。
 かくしてニーチェは宣言しました。「神は死んだ」。例えば、マタイの福音書に「貧しい人は幸いである。天国は彼らのためにある」という有名な文言があります。これは、貧しい者、無力な者、弱い者こそ神に祝福されるという意味ですが、ニーチェは、そこに無力な者が有力な者に持つルサンチマン(怨念、ねたみ)が隠れていると指摘したのです。実際、キリスト教は最初、ローマ帝国の奴隷の間に広まったものですし、キリスト教の母胎であるユダヤ教自体、他民族によって滅ぼされたユダヤ人の間に広まったものでした。そうしたことからも、弱者の強者に対するルサンチマンが含まれていると彼は考えたのです。ですから、キリスト教の根底には、弱者(能力のない者、病人、苦悩する者)が強者(能力のある者、健康な者)をねたみ、恨む気持ちが隠されているとニーチェは主張します。ですから、ニーチェキリスト教を「奴隷道徳」と批判し、そうした弱者に代表される、没落し衰退し滅んでいくべき存在に同情や憐れみを持つことは、人間の心の弱さから生じたものであり、自分自身を弱者の地位にまで引き下げると見做したのです。言い換えれば、弱者への同情や憐れみは、人間が本来持っている「生」へのたくましい本能的な欲求(支配欲、権力欲、性欲、我欲など)を押さえつけ、人間を平均化し、無力化してしまうとしたのです。そこで、ニーチェは「神は死んだ」と宣言し、キリスト教的価値観を否定したのです。
 彼が否定したのはキリスト教の「神」だけではなく、自分よりも崇高なものを認める価値観すべてでした。ですから、例えばイデア世界に永遠なる真・善・美を認めるプラトン哲学も、キリスト教の奴隷道徳の系譜に属していますし、その他、自分より崇高な価値観である「理想」、「理念」も否定していきます。つまり、それらは弱い人間が自分自身から逃避した結果であり、自分の生を意味づけるためにねつ造したものであり、虚構であると暴いたのです。そして、真の価値基準を、「神」、「天国」、「真理」ではなく、自分が生きている現実の「大地」に置くべきとしたのです。
 また、ニーチェキリスト教が「畜群本能」にとらわれた道徳をもつとしています。畜群本能とは、自分を越えた特別な能力を持った者を危険視し、群れから排除しようとする「弱者」たちの本能であり、それは主体性を否定し、平均化し、没個性的に生きることで安心する心理によって支えられているのです。そのため、ニーチェは民主主義や平等主義キリスト教の俗化したものとして嫌悪しました。
 さて、ニーチェは善悪というものの始まりを人の心の在り方の中に見出そうとするため、つまり、何か外部に客観的な基準が存在し、それによって善悪が評価されているのではないと考えるため、この世界に対して善悪という区別をつけることができないという主観的な立場に立ちます。そして、善も悪も無い世界が永遠に続いていく永遠回帰という状況を設定するのです。ニーチェは、「人は動物と超人との間に渡された一本のロープ」だと言います。そして、人間は現世を肯定して、苦悩を引き受けつつ生の新たな可能性を見つけ出そうとする超人を目指すべきだと叫ぶのです。
 ところで、ニーチェが嫌い、断罪した弱者の立場は、生き物の本性そのものでもあります。生き物は集団、群をつくって生活しています。一生物個体だけで生存、生殖し、種の存続を図ることはできません。自然淘汰とは、集団の中で多数派となったグループが支配的になり、少数派を駆逐するものです。生物世界における強者は集団の多数派でしかありません。

*前回の「自力と他力」、今回の「弱者への反発」の両方を読んで、納得される読者がある程度いるはずです。でも、簡単に納得しないでほしいことを次に述べるつもりです。この2回のノートの内容のほとんどはレトリックだと断じても構いません。私たちは物語から世界を理解してきました。物語はそのストーリの展開をどう表現するかというレトリックが主で、真理は従です。物語は科学理論ではありません。宗教も思想も物語であり、その限りでレトリックを命にしています。論理を命にしている科学理論とはそこが違っています。