博物学の東西

 体系化を第一義に考えたリンネ(『自然の体系』)と、記載を中心に考えたビュフォン(『一般と個別の博物誌』)は対照的。静的な「自然の秩序」(リンネ)から動的な「自然の歴史」(ビュフォン)への変化(誌から史への変化)が起こる。世界の発見と共に博物学は一般大衆の間で大流行し、珍品展示会の開催や学会の設立、彩色図鑑の出版などが大人気を博した。人類は原始時代を生き抜くために自然物に関する知識を不可欠としたが、文明がすすむとともに、純粋に知的喜びのために自然にさらなる新たな関心を向けるようになる。

f:id:huukyou:20161121061759j:plain

 

f:id:huukyou:20161121061824j:plain

f:id:huukyou:20161121061846j:plain

 西洋の博物学が民衆の間に流行したのと同様のことが日本の江戸時代にも見られた。もともと「本草学」として始まった日本の博物学は西欧の博物学と基本的に同類。江戸博物学の思想的核心は朱子学の「格物到知」(森羅万象いかなるものにも根本法則があるという思想)にある。朱子学に基づく博物学思想は、中国渡来の『本草綱目』に基づいていた。江戸博物学では古物を描き尽すこと、事物を図示し、図譜化することが目標となっていた。

f:id:huukyou:20161121061913j:plain

f:id:huukyou:20161121061937j:plain

 夏休みの宿題で植物や昆虫の標本作りに四苦八苦しながら、次第にその形態や生態に関心を高めていった経験を誰もがもっているのではないか。動植物への関心が「可愛い、綺麗」から「なぜ、どうして」へと劇的に変化するのは、動植物を手に取って観察することがきっかけになっている場合がほとんど。本の中に真理を見出すのではなく、自然の中に真理を見出すことが夏休みの野山で始まった経験をもつ人が多い筈である。
 図鑑は書物の中でも格段に美しい。昔の図鑑は画家の丁寧なスケッチが挿入され、半ば美術作品であった。今は既に歴史の遺産でしかない博物学(自然誌、Natural History)はかつては自然哲学(Natural philosophy)と並んで、自然研究の双璧だった。上述のビュホンの著作Histoire naturelle, generale et particuliereであり、ニュートンのプリンキピアはPhilosophiae Naturalis Principia Mathematica