アルコールと記憶

 忘年会で酒を飲み過ぎ、翌日何も覚えていないという経験について考えてみましょう。それは自分が何をしたか忘れたためではなく、そもそも記憶されていないからなのです。
 実は記憶に関わる「海馬」は、アルコールが入ると正しく機能しなくなり、酔いが深いほど記憶されなくなります。そのため深酒したときには、忘れたわけではなく、記憶されていないため、何事があったか思い出せないのです。新しい記憶が作られなくても、会話は十分できるのです。
 人間の記憶は大まかに、直前に起きたことの「短期記憶」と1時間から1か月程度残る「中期記憶」、長期間覚えておくことができる「長期記憶」からなっています。目や耳から入る情報の中で、必要なことは短期記憶されますが、大半は1分ほどで消えてしまいます。でも、短期記憶の中で特に関心があったものは、中期記憶として海馬に保存されます。その保存期間中に長期記憶するか消滅するかを選択するのですが、大半は9時間程度で消滅します。そして、中期記憶の間に何度も反復した情報や、重要だと認識された情報は、海馬から側頭葉に移動し保存されるのです。
 酒を飲んだ時も、その時の会話や事件について「これは必要な情報だ」、「これは覚えておこう」などと思っているはずです。にもかかわらず、それらを翌朝覚えていません。酒で記憶がなくなる現象のことを「ブラックアウト現象」、「アルコール性記憶障害」、「アルコール性健忘症」などと言います。アルコールが脳に入ると、記憶をつかさどる海馬で記憶の伝達を行っているグルタミン酸を受け取る働きを持つ「NMDAレセプター」という物質の働きが鈍くなります。それが鈍ると短期記憶はできても、そこで得た情報を中期記憶として脳に定着させることができなくなります。短期記憶の大半は1分前後で消えてしまいますから、翌朝になってから昨日のことを思い出そうとしても、消されてしまった情報は思い出せるはずがないのです。
 どうやって帰ったか全く覚えていないのに、ちゃんと自宅の布団で寝ていて、風呂に入った形跡まである…それは「手続き記憶」という最も原始的な記憶のおかげです。毎日習慣的に行っている行為については、酔いによる影響を受けないようにできているのです。
 アルコールによる記憶障害にはサフランが良いとのこと。アルコール性の記憶障害にはサフランの雌しべに含まれる黄色の色素成分「クロシン」が有効とのこと。サフランはスパイスとして、パエリアやブイヤベースに使われています。

アルコール、脳、記憶の詳しい関係は下記を参照して下さい。
What happens to your brain when you get black-out drunk?
http://gizmodo.com/5977688/what-happens-to-your-brain-when-you-get-black-out-drunk