読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

表情のコミュニケーション:表情は何についての表情なのか?

 人の表情が表現するのはその人の思考ではなく、感情だと思われてきました。ですから、表情だけでは哲学も科学もそれが何か正確に表現することができないが、人の喜びや悲しみはそれなりに表現でき、相手に伝えることができると信じられてきました。辞書風には表情(facial expression)は感情に応じて身体各部に表出される変化のことであり、、特に顔面に表出される変化、いわゆる顔つき(顔貌、相貌)が表情と呼ばれてきました。私たちはこのような説明に何ら疑問をもっていません。表情は心の内側の感情や情緒を表出するもので、それゆえ、「表情は何についての表情なのか?」に対する答えは明らかで、表情とは「心の内側の状態についての表情」ということになります。つまり、表情は心のもつ感情を表現しているという訳です。これが本当かどうかをしばらく考えてみたいというのが私の当面の目標です。
 ダーウィンは表情の生物学的意義を重視し、『人間と動物の表情(The Expression of the Emotions in Man and Animals、1872)において、それを三つの原理((1)有用な連合的習慣の原理(The principle of serviceable associated habits)、(2)正反対の原理(The principle of antithesis)、(3)元来意志から独立し,ある程度は習慣から独立した神経系の構成による行為の原理(The principle of actions due to the constitution of the nervous system, independently from the first of the will, and independently to a certain extent of habit))に基づいて説明しようとしました。(1)の原理は、イヌの特徴や人の身振りが遺伝することなどが取り上げられ、(ラマルク流の)獲得形質の遺伝のことです。(2)の原理は、イヌが攻撃するときの姿勢と飼い主にじゃれつくときの姿勢が正反対なことが図入りで示されています。(3)の原理によって、筋肉がふるえることや強い痛みの時に汗が出ることなどが説明されています。

f:id:huukyou:20170111071530j:plain

f:id:huukyou:20170111071555j:plain

 さて、ダーウィン以来表情についての考察は様々になされてきましたが、より実証的な研究が着実に蓄積されてきたのが20世紀以降の特徴です。認知心理学進化心理学、脳生理学、行動科学といった分野において、人だけでなく、様々な動物の表情が実証的に研究されています。
 この実証的な研究は、仮面として類型化された古典的な表情の理解などとは随分と違っています。また、日常言語の分析とも異なっています。つまり、美人は「美しい顔」をもちますが、美人が「美しい表情」をもつ訳ではなく、「美人の表情」というものはなく、あるのは「美人の顔」だけだ、といった表現上の差異を分析しながら表情の本性を明らかにする、といった日常言語的な分析とも違っているのです。「表情の現象学」と呼んでもよいような常識的な表情理解は、ギリシャ悲劇以来演劇、文学で主に描かれてきました。また、それと並んで絵画や彫刻でも人の表情はモチーフの一つとして様々に画かれ、彫られてきました。仏像や聖像さえそれぞれの表情をもっていると私たちは理解しています。誰も無表情の神や仏の像を崇拝しないのではないでしょうか。

f:id:huukyou:20170111071627j:plain

 仮面とは人の内面の姿を形象化し、それを表情をもつ顔として表現し、それが拡大されて人間以外の生き物、神や仏の仮面が製作されていった、あるいはその逆である、といった意見が多数出され、議論されてきました。いずれにしてもそこでの前提は何かの象徴、何かの表現が仮面であり、人の場合は心の内の状態をパターン化して表現されたものという解釈が圧倒的に多いようです。パターンが幾つあるにしても、目に見えない心の奥底を具体的に表現し、演劇や絵画においてその役割を付与たのが仮面ということになるのでしょう。当然ですが、表出という機能は隠蔽という機能も併せ持っていて、内面を隠す機能も仮面のもつ重要な役割になっています。
 自然科学では科学革命以降実証的な研究が当たり前のものとなり、アリストテレスの思弁的な自然学などは常識学問(folk science)と分類され、歴史的なものとしてしか評価されなくなりました。その研究方法は自然科学だけでなく社会科学でも常識になり、心についても心の科学が到来し、現在はそれが隆盛しています。常識心理学(folk psychology)はずっと科学的心理学に勝っていたのですが、今世紀に入り、科学的心理学が躍進し、常識心理学と肩を並べるまでになりつつあります。そのような傾向の中で、表情についての研究も過去の常識学問を継承するだけでは駄目だということになります。すると、仮面、絵画、彫刻の表情についての従来の考察は常識学問の域を出ず、それでは不十分ということになります。それが、「表情は心のもつ感情(や思想までも)を表現している」という常識的な表現への疑問の出所なのです。