古代ギリシアの二大叙事詩人:ホメロスとヘシオドス

 古い日本の詩人となれば、万葉歌人額田王柿本人麻呂が思い浮かぶが、ホメロスとヘシオドスはそれより遥かに古い。古代ギリシア世界の諸民族に広く普及していたギリシア神話のエッセンスは、吟遊詩人が口ずさむ口承の叙事詩、伝説、物語として民衆に親しまれていたもの。ギリシア神話は、古代ギリシア都市国家に伝承されていた神話や伝説だけでなく、ヨーロッパの地中海世界に語り継がれていた伝承や説話も共に集められて作り上げられたものだった。
 ギリシア神話の伝説や物語の起源は紀元前15世紀以前にまで遡るが、ある程度系統的にまとめられた口承文学の叙事詩をつくったのは紀元前9世紀の詩人ホメロス(B.C.9~8世紀)である。客観的な証拠によって彼が実在したことは確認できないが、盲目の吟遊詩人だったと言われる。ホメロスは『イリアス』、『オデュッセイア』というヨーロッパの口承文学史上に燦然と輝く傑作を残した。
 トロイの木馬を用いた戦略やアキレウスヘクトールの一騎打ちで知られるトロイア戦争(イリオス戦争)を題材としたのが『イリアス』である。ギリシア軍最強の武将アキレウスとギリシア軍の総大将アガメムノンの言い争いから幕を開けるが、10年もの長きにわたって続いたトロイア戦争の最後の50日間の出来事が記されていて、ギリシアの神々がギリシア軍とトロイア軍を支援して、人間と神々の愛憎が錯綜する激しい戦争が繰り広げられる。
 『イリアス』の続編である『オデュッセイア』は、トロイアのパリスを支持していた海神ポセイドンの怒りを買って、故国のイタカ島に帰還できなくなった英雄オデュッセウスの漂流譚の構成を取っている。オデュッセウスイタカ島に無事帰還するまでの逸話からなり、船員を豚に変えてしまう魔女キルケや船員の心を美しい歌声で魅了して船を沈没させるセイレーンなどが登場してスリリングな展開となっている。
 ホメロスと並ぶ古代ギリシア時代の二大叙事詩人として、『神統記(テオゴニア)』と『仕事と日々』を書き著したのがヘシオドス(B.C.8世紀)である。ホメロスをヨーロッパの文学史における『口承文学の始祖』とすれば、初めて体系的に文字で神々の系譜と英雄の物語を編集したヘシオドスは『文字文学の始祖』である。ホメロスとヘシオドスは、ヨーロッパの教養文化の原点にある叙事詩人であり、世界の起源や神々の物語に関する古代地中海世界の世界観を確立したのである。

f:id:huukyou:20170113054334j:plain

レンブラント ホメロスの胸像を前にしたアリストテレス 1653 メトロポリタン美術館

f:id:huukyou:20170113054507j:plain

ギュスターヴ・モロー ヘシオドスとムーサ 1891 オルセー美術館

<世界の始原としての「カオス(空隙)」>
 ヘシオドスは著書『神統記(テオゴニア)』において、歴史上初めてギリシア神話の神々の系譜(血統と相関関係)と世界の起源を体系的に整理した。さらに、神々が展開した歴史的逸話や人間の英雄が果たした事柄、ギリシア世界に起こった事件も系統的に記録した。『仕事と日々』では、古代ギリシアの市民生活の起源や労働の義務などが記載されていて、民衆に仕事をすべき神話的根拠を説く教訓的な叙事詩の体裁をとっている。ホメロスは、大河の神オケアノスと海の女神テテュスによって世界が創造されたと歌っており、ヘシオドスとは違った世界誕生の物語を紡いでいるが、『神統記』では、オケアノスとテテュスは、大地母神ガイアと天空の神ウラノスの子であるとされている。
 『仕事と日々』では、主に農民の農業生活の勤勉と実直を奨励する文章が綴られているが、それは、ヘシオドス自身がギリシア中部地方のボイオティアの農民だったからである。『仕事と日々』には、労働道徳の処世訓以外にも人間の起源に関する物語が書かれ、有名な『パンドラの箱』の物語も収められている。
 『神統記』には、この世界の起源に関する記述もあり、ヘシオドスは森羅万象の始まりは全てを飲み込む巨大な『カオス(空隙・空虚)』であると記している。カオス(chaos)のギリシア語での原義は『大きく口を開く』という意味だが、基本的には広漠な何もない空虚な広がりや無限に遠く広がり続ける空隙のようなものである。現在私たちはカオスを『無秩序・混沌』と訳すが、ヘシオドスの『神統記』では『空隙・空虚』の意味で、世界の始原としてのカオスを説明している。
 一定の空間的な広がりの中に、乱雑に構成要素が散らばっているという『無秩序』の意味で『カオス』が使われるようになるのは、ラテン文学の黄金期を確立したオヴィディウス(B.C.43-A.D.17)が活躍した古代ローマ帝国時代である。オヴィディウスは、ガイウス・ユリウス・カエサルから養子のオクタヴィアヌス(初代皇帝アウグストゥス)に権力が移っていくローマの帝政初期の詩人であり、代表作『変身物語』の中で無秩序や混沌の世界の最も早い段階にあったのは『カオス(空隙)』であり、カオスはギリシアの神々よりも前にこの世界に存在していて、天空や地上も自然生成的にこの世界に誕生したと説く。ギリシア神話の世界生成の物語は、キリスト教ユダヤ教聖典である旧約聖書に記述されている『創世記』の天地創造とは異なり、全能の神が意識的に世界を創造したわけではない。ギリシアの天地生成は飽くまで自然発生的に起こったものであり、世界の始まりの時期にはただ広漠無辺な空隙(カオス)だけがあった。
万物の起源であるカオス(空隙)から、初めに非人格的な三つの神が生み出される。それは、大地の神ガイア、冥界の神タルタロス、愛欲(生殖)の神エロスの三つの神であり、この段階では人格神としての特徴を備えていない。時代が降るにつれて、ガイアは大地母神的な女神としての特徴を持つようになり、タルタロスは地底の最奥部に鎮座する冥界の王として記されるようになる。愛欲の神エロスに至っては、ローマ神話の時代になると恋の弓矢を持ったキューピッドになり、可愛らしい幼児の姿を持った神へと変質していく。