読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水、光、そして大気

 水はいつも光を弄ぶ。あるいは、光が水と戯れる。大気の中で、水と光は絡み合い、見事な光景、水景を醸し出してくれる。水、光、大気は私たちを生かすだけでなく、私たちに生の楽しみを実感させてくれる。私たちはそれらによって生かされている。
 水と光は仲がよいわけではない。だから、水は光を跳ね返す。光は水の中に入り込もうと水に突き刺さる。光と水が大気の中で反発することによって私たちは光と水の存在をはっきりと見ることになる。
 黒く淀んだ水は光によって生き返る。光は大気を通じて水に映る。光も水も大気によってその存在を表現できる。だから、私たちは大気を通じて光にも水にも気づき、大気の中で光と水の合奏を感じる。

f:id:huukyou:20170119055431j:plain

f:id:huukyou:20170119055512j:plain

f:id:huukyou:20170119055542j:plain

f:id:huukyou:20170119055614j:plain

f:id:huukyou:20170119055648j:plain

f:id:huukyou:20170119055720j:plain

f:id:huukyou:20170119055737j:plain