多様性の問題

 「生物多様性(biodiversity)を守ることが生態系を持続可能にする鍵だとすれば、一つの社会で人種の多様性(racial diversity)を守ることがその社会を持続させる鍵である。」という言明が真かどうか答えなさい。
 この言明はif thenの形の条件法の文になっていて、言明が真であれば、正しいと一般的に思われている前件「生物多様性(biodiversity)を守ることが生態系を持続可能にする鍵だ」と組み合わされて、後件「一つの社会で人種の多様性(racial diversity)を守ることがその社会を持続させる鍵」が真として得られることになる。そして、それは人種の多様性を擁護することの正しさを保証することになる。人種の多様性を容認することについてのこれほど単純明快な論証は見たことがない。その上、これは大学入学試験の小論文の問題にしてもよいような問題で、読者にはまず気軽に解答を試みてほしい。 

f:id:huukyou:20170124071100j:plain

(biodiversity)

f:id:huukyou:20170124071149j:plain

(racial diversity)

 余計なことだが、既存の習わしに従い、解答のためのヒントを幾つか挙げておきたい。まずは、語彙の正確な理解。これは初歩的に見えて、実は意外に厄介なのである。「生物多様性」は純粋に科学的概念かと問われれば、そうではないと答えるしかない。それは擬似科学概念。「人種の多様性」は複数の人種の人たちが拮抗して共存するということの記述でしかない。さらに、「持続可能性」も擬似科学概念であり、いずれもその使用には細心の注意が必要。
 次は「多様性」の多様な意味に注意しなければならない。生物が多様であることは、一つの生態系に複数の生物種が共存することであり、人種が多様だということは一つの社会に複数の人種が共存することである。では、「生物種(biological species)」と「人種(race)」は同じような概念なのか、それとも違う概念なのか。違うなら、どのように違うのか。ダーウィン風に言えば、種差と変異(variation)の違いということになるのだが…
最後に、この問い自体が好ましいものではないかも知れないという疑問がある。「真偽」について問うのではなく、両者の関係について問うべきだという意見が予想できるだろう。問い自体に関する疑問があるのはよくあることだが、その種の世間ずれした配慮も必要かもしれない。
 さて、解答のための前置きはこのくらいにして、実際の解答に取り掛かってみてほしい。もちろん、私自身も解答するつもりである。