1歳半の赤ちゃんは他者を気遣っている

 九州大学大学院の人間環境学研究院橋彌和秀准教授らの研究グループは、1歳半の赤ちゃんが「第三者」の立場から、知識や注意の状態の違いを認識し、「他者を気遣っている」と報告(2017年1月18日に国際学術誌Frontiers in Psychologyでオンライン公開)。
 研究は生後9ヶ月~1歳半の赤ちゃん24名を対象として、映像を見ているときの視線を計測する装置を使い、画面に現れた2人のうち一人が赤ちゃんに視線を向け、もう一人がその赤ちゃんに「気づいていない」場面をつくった。すると、1歳半の赤ちゃんは「気づいていない」人物にすばやく視線を向ける傾向があることが判明。これまで既に明らかになっていた「自分と相手の知識や注意の状態の違い」だけでなく、「他者同士の知識の違い」まで認識して行動していることがわかった。1歳半でこのような傾向がなぜ出現するかを解明し、赤ちゃんが状況に応じてどのように情報を伝達する、あるいは伝達しないかを明らかにするのが今後の課題だという。

f:id:huukyou:20170125095611j:plain

f:id:huukyou:20170125095639j:plain

f:id:huukyou:20170125095659j:plain