本所深川と小津安二郎

 「本所の銕」と言えば、若い頃の長谷川平蔵。火付盗賊改めの「鬼の平蔵」だが、「本所深川」と言う地名がよく出てくる。隅田川の東側の深川、亀戸などは、江戸時代初期には低湿地で、行政上江戸市中とは区別され、本所村、中ノ郷村等は勘定奉行の支配下に置かれていた。江戸が発展し、大橋、永代橋などが架けられ、この地域は江戸と一体化され、享保4年(1719年)、本所村は町奉行の支配下に組み込まれた。深川、亀戸などは、本来の江戸ではなく旧本所村という意識が残り、そこから地名に「本所」を冠する習慣が生まれ、「本所深川」という訳である。

f:id:huukyou:20170210065756j:plain

 その本所深川生まれが小津安二郎。牡丹や古石場は橋ばかりでジョギングには適さないが、それでも時々は古石場川親水公園を走る。近くにある古石場文化センターに「小津安二郎コーナー」がある。今では世界的な映画監督として有名だが、確か「東京物語」の長男は江東区の医者だった。笠智衆東山千栄子原節子が浮かんでくる。何年か前の展示では、『秋日和』の顔合わせのパーティーが原作者の里見弴宅で開かれ、里見が何かを歌い、それに煙草をくわえた原節子が手拍子をしている写真があった。小津の映画観を示す言葉に「映画はドラマでアクシデントではない」があるが、これは亡くなる前見舞いに来た吉田喜重と岡田茉利子に語ったもの。

f:id:huukyou:20170210065830j:plain

f:id:huukyou:20170210065854j:plain

f:id:huukyou:20170210065921j:plain

f:id:huukyou:20170210065945j:plain

 古石場親水公園に架かる小津橋は、深川で富を築いていた小津家に因んでいるらしく、小津はその分家の生まれである。