読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有明月

 

 夜が明けても、空に残っている月が「有明月」と呼ばれるが、日本の風景として和歌や俳句に詠み込まれてきた。

百人一首坂上是則の歌
朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

小林一茶の俳句
有明や 晦日に近き 軒行燈

 いずれともまるで違うが、有明から見た今朝の東京湾岸の有明の月である。

f:id:huukyou:20170211074633j:plain

f:id:huukyou:20170211074705j:plain

f:id:huukyou:20170211074730j:plain