読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 梅の季節

f:id:huukyou:20170225083654j:plain

 あちこちに梅の花が咲き、花の匂いが香っている。梅と言えば菅原道真。道真と言えば九州太宰府天満宮。それに対して東の宰府は「亀戸宰府天満宮」。昭和11年に現在の「亀戸天神社」となった。残念ながら現在の東京での梅の名所ランキングトップは湯島天満宮湯島天神)。いずれも菅原道真を祀っている。
 静岡の地酒「臥竜梅」ではなく、広重の描いた臥竜梅が今日の話。幹や枝が地をはい、そこから根を張る梅が臥竜梅と呼ばれ、珍重されてきた。広重は前景に当時有名だった「臥竜梅」を大きく描き、印象的な詩情を求めた『名所江戸百景』の新しい試みを表現してみせた。赤・紫・緑を背景に純白の梅が咲いている。装飾的、象徴的、日本的な表現が生かされ、早春の気配が描き出されている。『名所江戸百景』は装飾的な表現を多用していて、『東海道五十三次』の写実を超えて、広重の新しい画境を示している。観光名所ではない広重独特の名所が描かれていて、私にはなぜ名所なのか不明のものが何枚もある。広重にとって「名所」とは何だったのか。

f:id:huukyou:20170225083759j:plain

 さて、「亀戸梅家舗」だが、かつて亀戸天神の近くに梅屋舗と呼ばれる梅の名園があった。園の中の 「臥竜梅」が有名で、大勢の見物客で大変賑わった。その盛況ぶりを広重は「東都名所亀戸梅屋舗全図」で俯瞰的に描いている。名物の「臥竜梅」は、徳川光圀が命名し、徳川吉宗も鷹狩の帰りに訪れたらしいが、定かではない。

f:id:huukyou:20170225083829j:plain

f:id:huukyou:20170225083849j:plain

 印象派の画家ゴッホは多くの模写を残しているが、中でも浮世絵の模写はジャポニズムの影響として知られている。臥竜梅がどのような梅か知る由もないゴッホだが、そのことを知ったとしても模写の絵が変わったとは思えない。