白鳳丸

 東大の海洋研究所に所属していた「白鳳丸」は2004年に独立行政法人海洋研究開発機構ができ、移管された。約4,000tの大型の学術研究船で、様々高性能研究設備を備え、10の研究室をもっている。近海、遠洋を問わず、長期間の多目的な研究、つまり海洋生物、地球物理化学、地震などの調査研究に使われている。その白鳳丸が有明西埠頭に停泊している。全長が100m、4000トンほどで、16ノットで航行する。

f:id:huukyou:20170308055543j:plain

f:id:huukyou:20170308055557j:plain

f:id:huukyou:20170308055609j:plain

f:id:huukyou:20170308055619j:plain