水鳥が飛び交う春の海辺

 海辺で育たなかった私には海鳥はよくわからない。だが、今住んでいるのは東京湾岸で、海鳥が飛び交う。「ゆりかもめ」という名前は何かと思ったのは遥か昔だが、確かに湾岸には海鳥が多い。「ゆりかもめ」には滅多に乗らないが、ユリカモメはよく見る。それは湾岸部を彩る風物詩の一つである。
 「都鳥」と言えば『伊勢物語』を連想させるが、それはユリカモメだとする説が有力。その「九段 東下り」では「都鳥」は「墨田川にいる鳥で、体が白く、嘴と脚が赤い、シギ程度の大きさ、魚を食べる水鳥」とされている。そして、この条件に当てはまる鳥がユリカモメ。なお、本物のミヤコドリは体が黒で、貝類を食べ、「都鳥」とは別の鳥。

f:id:huukyou:20170410051124j:plain

f:id:huukyou:20170410051145j:plain

f:id:huukyou:20170410051202j:plain