To be, or not to be- is that the question?(吸うべきか、吸わざるべきか:それは問題なのか?)

 人の衣食住の普通の事柄は「いずれでも構わない」という仕方で市民権が認められてきた。だから、食べ物、着物、住宅などは認められたものの中から自由に選択でき、商売が成り立ち、自由意志を行使できる対象である。煙草もそのようなものの一つだった。だが、煙草の喫煙についての長い議論は、「煙草は吸っても吸わなくても構わない」ものから、「煙草は吸うべきではない」ものに決着した感があり、煙草は衣食住に不可欠なものから排除されようとしている。そんな風が吹く中で、2020年の東京オリンピックパラリンピックに向け、厚労省は他人の煙草の煙を吸わされる受動喫煙の対策として、2003年施行の健康増進法をさらに強化しようとしている。海外では病院や飲食店など公共の場を屋内全面禁煙とする国が増え、WHOは日本の対策を「世界最低レベル」と指摘。また、IOCとWHOは「たばこのないオリンピック」を共同で推進してきた。WHOの報告によると、世界で毎年60万人が受動喫煙により死亡、厚労省研究班は国内の死亡者も年1万5千人と推計している。
 私のような年代の人間には、煙草に関する社会の態度が昭和と平成ではすっかり変わったという実感がある。その一例が大ヒットした『風立ちぬ』に頻出するタバコの描写。NPO法人・日本禁煙学会が制作担当者へ送った要望書「映画『風立ちぬ』でのタバコの扱いについて(要望)」で、「教室での喫煙場面、職場で上司を含め職員の多くが喫煙している場面、…数え上げれば枚挙にいとまがありません」と具体的にシーンを列挙し、「映画制作にあたってはタバコの扱いについて、特段の留意をされますことを心より要望いたします」と要望した。制作側は、表現の自由を脅かす行為にもなりかねない、と応えている。僅かな時間的なズレで煙草の存在、意義はすっかり変わったことを示す一例である。よりタイムスパンを広げ、煙草の歴史を見れば、それが社会や人間に対してもつ意義がどのように変わってきたかを確認できる。
 煙草の葉は実はナス科のニコチアナ属の植物。煙草がナスと同じ科目に属するとは意外だが、そのニコチアナ属を辿っていくと、新大陸に行き着く。煙草の風習はそこで生まれ、コロンブスの新大陸発見により、ヨーロッパに煙草が伝わった。新大陸の人々は、(1)煙草を吸う、(2)煙草を噛む、(3)粉にした煙草を鼻から吸い込む、という三通りの仕方で煙草を主に宗教儀礼に使っていた。その紫煙は神々への贈りものであり、炎の動きや煙の流れから戦いの勝敗、将来の展望を占った。また、煙草は沈静作用、軽い興奮と刺激などの効力ももつ。粉末、薬湯として、座薬、塗り薬などに形を変え、ケガ、腫瘍、リウマチなどの治療に使われていた。
 日本には16世紀末に鉄砲、キリスト教と共に入ってきた。江戸幕府は煙草禁止令まで出したが、庶民への広まりを止めることはできず、元禄の頃には禁令も出されなくなった。この頃から喫煙具も独自の進化を遂げ、特にキセルは色々な物が作られた。
 煙草は儀礼の道具から、薬品、さらには嗜好品へと社会の中での役割が大きく変化する。つまり、煙草の衣食住の中で占める役割は時代、地域によって変化してきたのである。特に、煙草の長い歴史の中で重要な役割を演じ出したのが「健康」。この言葉が、「身体の良好な状態」を指すものとして日本語に登場するのは、英語のhealthの訳語としての用例が最初。この言葉は福澤諭吉の『文明論之概略』にも登場する。だが、明治時代の身体の状態を表す言葉としては、それ以前の「養生」、「衛生」などが一般的だった。「養生」とは「災厄から逃れ、良好な身体状態を維持するために、ある行為をしない」という考え。医学、医療の知識が「消極的な養生からより積極的な健康へ」と私たちの意識を変え、嗜好品としての煙草が毒、悪を含むものと見做され出し、煙草の地位は揺らぎ出し、それが今でも進行中なのである。
 さて、話題を変え、樽と桶はどこがどのように違うのか。どうでもよい問いなのか、それとも生活に根ざす本質を突いた問いなのか、人によって、状況に応じて、その解答は様々。樽は酒や醤油を入れ、保存と運搬に使われる蓋のある容器で、桶は風桶や寿司桶など、蓋のない容器。木製の場合は、側板に板目板を使うのが「樽」、柾目板を使うのが「桶」。板目板は木目が平行でなく山形や波形をしたもので、水分を吸収しにくく、蒸発させにくい性質があるため、酒や醤油などの貯蔵に使われる。柾目板は木目がほぼ平行で均等に並んだもので、水分を吸収しやすい性質があるため、中身の出し入れが頻繁な風呂桶や水桶などに使われる。このように、基本的には蓋の有無や使用する板の違いによって、樽と桶は区別されるが、例外が多く、はっきり区別できないのが樽と桶。漬物を入れる容器は、「漬物樽」とも「漬物桶」とも呼ばる。酒や醤油のように中身を取り出す際には穴を開け、蓋が閉じられたままのものであれば「樽」で間違いないが、漬物の容器は、保存時には蓋が閉じられているため「樽」、中身を取り出す際には蓋を開けるため「桶」とも言えて、区別が難しい。
 桶と樽がどのように異なるか、その歴史はどうなっていたかなど、民俗学では格好の題材だと思われてきた。英語でも、樽はbarrel、桶はpail, bucket, tubと別々に呼ばれているから、日本語から生まれた特殊な事柄でもない。桶にはたらい、湯桶、風呂桶等があり、樽となれば酒樽や醬油樽が思い浮かぶ。とはいえ、今の若者にはいずれも使ったことがないような道具ばかりで、たらいで洗濯はしないし、醤油樽など見たことがない人がほとんどではないか。
 それらを実際に使い、慣れ親しんできた経験をもつ私の記憶を辿ってみると、桶と樽の区別が決定的に重要だという出来事を思い出すことができないのである。我が家は私が子供の頃味噌づくりを生業にしていて、麹をつくり、大豆を煮て味噌をつくり、それを売っていた。だから、桶や樽が土間にたくさんあり、それらを日常的に使っていた。大きな桶に味噌を貯蔵し、味噌樽に味噌を詰めて運んでいた。大豆を煮る釜と桶や樽とははっきり区別できるのだが、桶と樽の区別は正直わからなかった。そして、それは今でも変わらない。蓋のある風呂桶と蓋のない味噌樽は私には当たり前だったし、味噌を貯蔵するのは大樽で、蓋がなかった。そんな程度が私の桶と樽の違い(?)で、違いがあるのかないのか、私の記憶の中では文字通り不明で、そしてどうでもよいものだった。
 これが意味しているのは何か。「桶は樽ではない(あるいは、樽は桶ではない)」というような常識が集まって、それらが文化や伝統を形成しているとしたら、それが文化や伝統という習慣の本性を物語っている筈である。「桶は樽ではない、樽は桶ではない」といった常識を、後生大事にし、いつでもどこでも必ず守るというのは、実は盲信に過ぎないことがあるのだ(少なくとも私の記憶の中の桶と樽)という例になっているのである。
 この話は樽と桶に限られない。制服の色やデザインなど、学校を代表するという意味で重要なのかも知れないが、色やデザインなどいずれでも構わず、もっと大切のものがあるというのも別の例である。にもかかわらず、人はそれにこだわり、固執する。そんな厄介な常識の中の飛び切りのものは、国や地域、集団や組織を代表するシンボル、旗、…、つまるところは文化や伝統である。そして、実に多くの事柄について「どちらでも構わない」ものが「どちらかでなければならない」ものと考えられてきたのである。
 「どちらでも構わない」ものが「どちらかでなければならない」ものと考えられてきたのは、どんな存在にも十分な理由がある、というライップニッツの命題に理由があるのかも知れない。「十分な理由などなくても存在を主張するものがある」という主張があれば、「どちらかでなければならない」ものが「どちらでも構わない」ものと考えられてきたこともある。例えば、煙草。吸っても吸わなくても構わないと考えられていたことが、医学的な理由が見つかり、喫煙は悪だと糾弾されている。「どちらでも構わない」という存在論と「どちらかでなければならない」という存在論は随分と違う。煙草、大麻、麻薬、酒など、それぞれ煙草と似たような存在論の中で揺れ動いてきたようである。
 衣食住の中で承認されているものは「使っても使わなくても構わないもの」という資格で存在している。だから、私たちは自由にそれを使うことができる。好きでも嫌いでも構わない。使う自由をもったものが衣食住の中にあるものである。煙草は当初そのような日常的なものではなく儀礼的なものだった。次第に医療品となり、遂には嗜好品として衣食住の中の生活品となった。
 人は我が儘で、美味しいものを好む。そんなグルメにとって、葉巻やパイプ煙草と違って、紙巻煙草の人工的な味はとてもうまいとは言えない味だった。そんな些細なこと以上に、煙草は健康を害することが明らかになってくる。健康は命につながり、黄門様の印籠の如く「煙草は有害」となれば、煙草排斥運動が出てくるのは至極自然なことだった。煙草は「あってもなくても構わない」ものから「いずれかでなければならない」ものへと変わった。毒性のあるものを食べることは理不尽だと言うのと同じ仕方で、煙草は忌み嫌われることになる。
 だが、私たちは煙草を全面的に禁止している訳ではない。毒キノコとは違って、煙草は禁止されていない。酒と同じで、自由に楽しめるのだが、その自由を制限しようというのが昨今の常識なのである。煙草が新しい効能をもち、別のものとの併合によって、悪ではなく善をもたらすことがわかったとすれば、あるいは煙草や人が変異すれば、私たちの衣食住の中での煙草の地位は変わるだろう。だが、喫煙が「いずれでも構わない」習慣から、「吸うべきではない」習慣への変化を止めるほどのことは中々想像しにくいのである。

*タイトルの問題に対する解答:かつてはそれは問題ではなく、喫煙の意義が様々に認められていたが、健康という点から悪、毒を含むものとして捉えられ、今ではそれが理由となって、吸うべきではないというのが大勢である。問題でなかったものが、問題にされ、問題の解決に近づいていると多くの人が考えている。