測量船

 

 海上保安庁は、大小各種の測量船を有し、測量・観測した結果は海図をはじめとする水路図誌に生かされている。大型測量船の昭洋などは、磁力・重力測定器のほか、無人観測艇も搭載していることから、測量船よりも海洋調査船に近いものとなっている。いつも有明西運河に停泊するのは、HL03明洋550トン、HL04天洋430トン、HL05海洋550トンである。いずれも、海底地形の測量、海流や潮流、海底汚染の調査を行っている。  写真はつい最近開通した遊歩道からのもので、ゆりかもめ水上バスも見える。

f:id:huukyou:20170418062621j:plain

f:id:huukyou:20170418062658j:plain

(HL03明洋550トン、HL04天洋430トン、水上バスゆりかもめが見える)

 

f:id:huukyou:20170418062714j:plain

(HL05海洋550トン)

 

f:id:huukyou:20170418062726j:plain

f:id:huukyou:20170418062755j:plain

(富士見橋下の遊歩道から見た豊洲新市場)