読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潮風公園の福田繁雄作品

 日本のだまし絵、トリックアートの第一人者だったのが福田繁雄。福田は「日本のエッシャー」と呼ばれ、2009年に亡くなっている。画像は福田の「男と女の足」という作品。とってもシンプルなのに、インパクトがある。下から見上げていくと男の人の足で、上から見下ろすと女の人の足になる。単にに男の靴と女のハイヒールを比較させたのではなく、男のズボンの曲線と女のストッキングの曲線とをみごとに合せてみせている。

f:id:huukyou:20170419225254j:plain

 ユニバーサル・デザインを標榜する福田の海外での活動は目覚ましく、その評価も日本のデザイナーの中では突出していた。国内でも8186年に東京藝術大学デザイン科助教授を始め、98年社団法人日本サインデザイン協会顧問、2000年日本グラフィックデザイナー協会会長などを歴任。2007紫綬褒章

 そんな福田の作品が誰も行かない海辺の公園にひっそりと存在している。なぜこんなところにこんな作品が、と訝るしかない…今のところ私の独り占めだが、「潮風公園」を探して是非観に来てほしいものである(だから、画像は一枚だけ)。

f:id:huukyou:20170419225321j:plain