ゆりかもめの高架を跨ぐ

 首都高速晴海線は晴海と有明を結ぶ全長2.7キロメートルのとても短い高速道路。09年2月に豊洲から有明までの1.5キロメートル区間が先行開通。現在整備中の晴海-豊洲間の道路の全長は1.2キロメートルだが、それでも事業費は331億円。道路全体は17年度に完成予定。

 現在豊洲6丁目(ゆりかもめ新豊洲駅付近)と晴海2丁目までの距離を延伸する工事が行われている。晴海から見ると、晴海大橋を通る「放射34号線(東京都道304号)」の上り線と下り線の間に首都高速晴海線が建設中。

 晴海大橋南詰の交差点ではちょうど「ゆりかもめ」を跨ぐ形になっていて、今まさに跨ごうとしている。

f:id:huukyou:20170526053621j:plain

f:id:huukyou:20170526053647j:plain

f:id:huukyou:20170526053704j:plain

 

広告を非表示にする