顕彰碑群

 稀勢の里のしこ名を「横綱力士碑」に彫る刻名奉告祭が富岡八幡宮で行われた。富岡八幡は江戸勧進相撲発祥の地。貞享元年(1684)幕府より春秋の2場所の勧進相撲が許され、その場所が富岡八幡の境内だった。

 大鳥居を入り、参道の右に「大関力士碑」その他が、本殿の右奥に「横綱力士碑」その他がある。大関力士碑の傍には巨人力士碑、巨人力士手形足形碑、強豪関脇碑等一群の碑が立ち並ぶ。横綱力士碑の両側には伊藤博文山県有朋大隈重信といった賛同者の名が刻まれ、さらに多くの碑が林立する。

 それぞれの碑は立派で有意義なのだが、群の中でとても窮屈そうである。どう見ても、お相撲さんにはそぐわないが、下町の姿のような込み入った建て具合は、門前仲町にはよく似合う。

f:id:huukyou:20170612084253j:plain

f:id:huukyou:20170612084309j:plain

f:id:huukyou:20170612084326j:plain

(画像はいずれもWikipediaより)