我が家の向かいの国家戦略特区

  加計学園の話が話題を一人占めしているが、東京都では国家戦略特区に都内の9区が指定されている。また、東京や横浜など11か所で外資系企業を誘致するための高層オフィスビルや、職場近接の外国人向け居住施設、インターナショナルスクールを一体的に整備する。

 聖路加国際病院など域内5つの医療機関で外国医師による外国人患者の診療も解禁。慶應義塾大学病院では混合診療の特例を活用し、国内未承認薬によるクローン病膠原病などの治療に取り組む。病床規制の緩和も活用し、がん研有明病院や横浜市立大学付属病院など4つの拠点で、先端治療を受けられる専用病床を増設する。

 さて、我が家の向かいの有明北地区は「臨海副都心におけるMICE・国際観光拠点の形成」という厳めしい名称がついた特区。MICEとは、企業の会議(Meeting)、企業等の報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関等が行う国際会議(Convention)、イベントや展示会(Event/Exhibition)の頭文字をとった、誰にも不明な略称。東京ビッグサイト、がん研有明病院に近接し、保育施設や訪日外国人対応のサービスアパートメント、アフターコンベンション施設を整備するという謳い文句で、高層マンション3棟、ホテル、商業施設をつくる。

 昨年秋にマンション建設からスタートした工事は現在も続行中である。

f:id:huukyou:20170624061859j:plain

f:id:huukyou:20170624061921j:plain

(33階のマンション3棟の予想図)

f:id:huukyou:20170624062015j:plain

f:id:huukyou:20170624062038j:plain