ヤブツバキ(Camellia japonica)

 歩道の植栽、街路樹としてよく使われるのがヤブツバキ。見ると若い果実がたくさんついている。この中に椿油の種があると思うと妙な気持になる。

 ヤブツバキは太平洋側に分布し、日本海側には亜種のユキツバキが分布する。高さは10~15mにもなる。ヨーロッパに伝わり、18世紀末頃より、常緑の樹としてもてはやされ、園芸品種が多数作られている。アレキサンドル・デュマ・フィスの小説「椿姫」(La Dame aux camelias、1848)は有名。

 果実は3~5cmの球形で、熟すと破れ、暗褐色の種子を2~3個出す。写真はまだ若く、厚い果皮も茶褐色になる。この種子から椿油を採る。

 なお、サザンカも仲間でよく似ていて、見分けにくい。一般には、サザンカは初冬から咲き始め、散る時にはツバキとは異なり花弁がバラバラになって散る。

f:id:huukyou:20170703053053j:plain

f:id:huukyou:20170703053115j:plain

f:id:huukyou:20170703053133j:plain