原爆という武器

(「原爆」という武器についてどう考えるかと問われ、まごつく人をさらにまごつかせる話)

 武器は素手の人間では生きられない状況でもそれを助けて生き残れるように自分や家族を守るもの。人類は様々なものを発明してきた。そして、その最もポピュラーなもの一つが武器。武器を手にすることによって人類は生き延び、繁栄してきた。武器とは人類の知識と物質が見事に統合された道具の一つ。武器のバリエーションは様々で、直接に相手を倒す武器だけではない。言語、文化、知識、宗教等はいずれも人類の生存のための武器としても利用されてきた。つまり、武器は正に生き残り(今様には持続可能)のための道具、手段なのである。宗教や倫理は集団を守るための教義や規律と、それを遂行する活動として強力な武器だった。

 このような話の種の一つが適応戦略論。生き物は(進化の結果として)環境に適応して生き残ってきた。だから、適応に失敗することは絶滅を意味している。適応は生存のための戦略であり、その戦略の実行には武器が不可欠である、というのが進化論的文脈で信じられていることである。

 さて、人類がつくった武器の一つに原子爆弾がある。昨日は広島に原爆が落とされた日で、その原爆投下は今でもアメリカでは戦争を終結させる武器だったとして正当化されている。アメリカの若者はこれを信じなくなりつつあるが、この説明では武器使用は善であることになっている。戦争は悪で平和は善ということは単純過ぎていても誤っていない。だが、武器は悪で宗教は善というのは誤っている。これは上述の話が暗示していることである。

 宗教はこれまでに多くの戦争を引き起こしてきた。宗教の違いは戦争の典型的な原因となってきた。人類がつくった武器はこれまでに多くの戦争を終結させ、中でも原爆は強力な戦争抑止の力になっている。となれば、上述の言明から、武器は善で、宗教は悪ということになる。この結論は私たちの常識とは矛盾する。

 ここまでの議論から、武器は悪で宗教は善というありきたりの常識が誤りであり、武器は善で宗教は悪ということになる。実際のところ、これを例示する例は珍しくない。何事も善悪二つにいつも分かれると考えること自体がおかしいことなのだが、私たちはいつの間にか常識の罠に囚われ、ものの見事に騙され、さらに悪いことにそれに気づかないのである。

 歴史学者政治学者には常識が求められ、それをもつことが教養だと思われている。たかが常識、されど常識なのだが、所詮常識で、文献を読み、史跡や遺物を調べ、知識に合わせて理解し、解釈する。だが、常識は真でもなければ学習の手段でもない。宗教が歴史的に大きな役割を果たしてきたことは否定できないが、それは大金持ちがたくさん浪費してきたことと似たようなもので、宗教が正しいことを何も証明していない。

 武器として強力な原爆は悪だと盲信されているが、それが真の信念であることを真面目に証明しなければならない。大量無差別殺人というのがその理由だと誰もが挙げるだろうが、原爆とは違って間接的に大量無差別的な手段で人類をコントロールする武器はあちこちに隠されていて、それに気づかないことを忘れてはならない。

 こんな話が9日の長崎への原爆投下について何か違う姿勢や態度をもたらすことを願っている。