懐疑の現象論:デカルト的な懐疑

  デカルトはすべてのことを疑い、疑い尽くしても尽くし切れないものとして「疑う」自分を見出したということになっている。方法的懐疑の特徴はもう何も確実であるといえるものはないと思えるところまで懐疑が徹底されるところにある。まずは、外部感覚が偽とされる。また、「痛い」「甘い」といった内部感覚や「自分が目覚めている」といった自覚も、覚醒と睡眠を区別する決め手がないことから偽とされる。さらに、計算も偽とされる。そして、神さえも欺く神で、自分が認める全てのものが悪霊の謀略にすぎないかもしれないとされ、疑いにかけられる。

 この方法的懐疑の特徴は「表象」と「外在」の不一致を疑ったことにある。対象が意識の中に現われている姿が表象であるが、これはアリストテレス以来外在する対象と一致すると思われていた。しかし、デカルトは方法的懐疑によって、この一致そのものを疑ったのである。デカルトは、このような方法的懐疑によって、疑い得ないものを発見する。それが「Je pense, donc je suis.」。そして、「我思う、故に我あり」という命題が明晰判明に知られるものであることから、それを規則として設定する。

 だが、人は色んなことを自由に信じ、自由に疑うことができる。信念についての自由主義は複雑で多様な現象論をもたらし、すっきりした認識論への到達を拒んでいる。

(1)私がPと信じることを私が疑う

 デカルト的懐疑は表象されるPが真であることを疑うのだが、言明Pを一挙に疑うために信じなければならないものについては言及しないのである。つまり、何を信じてPを疑うか示していないのである。また、当然ながら「私が疑う」は疑う範囲には入っていない。さらに、詳しく見ると、次のような違いが見えてくる。

(2)私がPと信じることをYが疑う

(3)YPと信じることを私が疑う

 (2)と(3)は主語の違いだけでなく、方法的懐疑が(3)の形であるのに対して、(2)はデカルトの疑わなかった形なのである。デカルトにとって重要なのは「私が疑う」ことであり、他人が疑うことではなかった。実際、「私がPと信じることを私が疑う」がデカルトがターゲットにした言明だった。さらに、(2)について細かく見てみよう。まず、「YPを信じる」のか、あるいは、「YPを信じない」のか。(2)だけからはわからない。だから、「Yは私を疑う」、「Yは私が信じているPを疑う」といった可能性があり、(2)は多義的な言明ということになる。これは(3)についても同様で、疑う私は一体何を疑うのか、不思議なことに(3)からは決めることができない。「YがPと信じる」ことを疑う仕方は一つではないのである。

 このように、様々な疑いに応じて何を信じるかも変わってくる。私たちはデカルトのように何でも疑うことができると信じ込んでいる。だが、既に見たように、疑うためには疑わないものをしっかり持っていなければならない。「すべてを疑う」ことを一挙に実行するにはどのようにするか、私には見当もつかない。見ているものを疑う場合、見ていないものについては疑っていない。「表象すべてを疑う」という言明はつくれるが、それをどのように実行するかとなると、誰も経験したことがない。「私はPを疑う」の「疑う」は疑うことができずに残り、そのため疑う私が残るというデカルトのコギトは、方法的懐疑が穴のないものでなければならないのだが、実は穴だらけなのである。あるいは、穴があっても成り立つのが方法的懐疑なのかも知れない。