懐疑の現象論:デカルト的な懐疑?

 (昨日の内容を書き直したものです。)

 デカルトはすべてのことを疑い、疑い尽くしても尽くし切れないものとして「疑う」自分を見出したということになっています。哲学史の授業ではこのような話が定番になっています。定番の授業によれば、方法的懐疑の特徴はもう何も確実なものはないと思えるところまで懐疑が徹底されるところにあります。まずは、視覚や聴覚の外部感覚が偽だとされます。また、「痛い」、「酸っぱい」といった内部感覚や「自分が目覚めている」といった自覚も、覚醒と睡眠を区別する決め手がないことから偽と見做されます。さらに、計算も思考も疑われ、やはり偽とされます。そして、神さえも私たちを欺き、自分が認める全てのものが悪霊の謀略に過ぎないかも知れないとされ、疑いがかけられます。万物は疑い得るということを通じて、それでも疑い得ない自己を見出すことがデカルトのシナリオになっています。これは確かに印象的なシナリオで、さすがデカルトだと多くの人が感心するのです。

 デカルトの方法的懐疑の特徴の一つは「表象」と「外在」が一致することを疑ったことにあります。対象が意識の中に現われている姿を表象と呼びますが、これはアリストテレス以来外在する対象と一致するものだと思われてきました。しかし、デカルトは方法的懐疑によって、この一致そのものを疑ったのです。この不一致は今では当たり前のようになっていて、錯覚や幻覚の実証的な研究が市民権を得ています。デカルトは、このような方法的懐疑によって、疑い切れないものを発見することになります。それが「Je pense, donc je suis.」。そして、「我思う、故に我あり」という命題が明晰判明に知られるものであることから、彼はそれを規則として設定するのです。

 人は本来色んなことを自由に信じ、自由に疑うことができます。信念についての自由主義は複雑で多様な現象論をもたらし、そのため、すっきりした認識論への到達を拒んできました。そこで、デカルトの議論を見直してみましょう。以下に登場するPは言明、Yは私以外の人間です。

 

(1)私がPと信じることを私が疑う

 

 (1)の形がデカルト的懐疑の対象となる表現と思われます。表象されるPが真であることを疑うのですが、言明Pを一挙に疑うために信じなければならないものについては言及されていません。Pの例として「雨が降る」ことを考えると、「雨」がない世界、水中に棲む場合の「雨が降る」状態に思いを巡らすと、「雨が降る」ことを疑うとはどのようなことを疑うのか判然としなくなってしまいます。何を信じてPを疑うかがどこにも示されていないのです。「信じる、疑う」といった認識的な述語は意味が揺れ動くのですが、それはどのような文脈で使われるかに応じて意味が変わるからです。そして、その文脈は疑うのではなく信じて設定されるのです。文脈を信じることによって疑うことがはっきりと浮き彫りになるのです。

 さらに、詳しく見るために、次のような二つの言明を比較してみましょう。

 

(2)私がPと信じることをYが疑う

(3)YPと信じることを私が疑う

 

 (2)と(3)は主語の違いだけでなく、デカルトの方法的懐疑の変形が(3)の形であるのに対して、(2)はデカルトが懐疑の対象にしなかった形なのです。デカルトにとって重要なのは「私が疑う」ことであり、他人が疑うことではありませんでした。CogitoはJe penseで、私以外の他人ではないのです。実際、「私がPと信じることを私が疑う」がデカルトがもっぱらターゲットにした言明でした。

 さらに、(2)について細かく見てみましょう。まず、「YPを信じる」のか、あるいは、「YPを信じない」のか。(2)だけからはわかりません。ですから、「Yは私を疑う」、「Yは私が信じているPを疑う」といった可能性があり、(2)は多義的な言明ということになります。これは(3)についても同様で、疑う私は一体何を疑うのでしょうか、不思議なことに(3)だけからは決めることができません。「YPと信じる」ことを疑う仕方は一つではなく、複数あるのです。

 このように、様々な疑いに応じて何を信じるかも変わってきます。私たちはデカルトのように何でも疑うことができると信じ込んでしまっています。でも、既に見たように、疑うためには疑わないものをしっかり持っていなければなりません。「すべてを疑う」ことを一挙に実行するにはどのようにするか、正直なところ私には見当もつきません。見ているものを疑う場合、見ていないものについては疑っていません。「表象すべてを疑う」という言明はつくれるのですが、その「疑い」をどのように実現するか、実行するかとなると、デカルトを含め誰も経験したことがありません。

 「私はPを疑う」の「疑う」は疑うことができずに残り、そのために疑う私が残るというデカルトのコギトは、方法的懐疑が穴のないものでなければならないのですが、実は穴だらけなのだということがこれまでのことからわかると思います。あるいは、穴があっても成り立つのが方法的懐疑なのかも知れません。でも、そうなると明晰判明な知り方を規則にすることはできなくなります。

 やみくもに何でも疑うのではなく、これといった事柄に焦点を合わせて疑うのが私たちの普通の懐疑です。そして、その懐疑をきっかけにして真なる言明を見つけていくことになります。この追求は疑うもの以上に信じるものを前提にして行われます。多くのことを信じて一つのことを疑い、決着をつけていく、それがいわば普通の懐疑です。この普通の懐疑では「私が疑う」に固執せず、「人が疑う、私たちが疑う」など疑う主語は主観に限定されません。