多くの「終戦の日」を知り合おう

  終戦の日終戦記念日いずれでもよいのだが、原爆記念日も含めて、カレンダーの如く、毎日世界中の戦争の終結日を手短に紹介するというアイデアはきっとすぐに却下されそうだが、NHKでもGoogleでも構わないからやってくれないだろうか。新聞、テレビ、SNS、媒体は何でも構わない。「今日はXY戦争が終わった日で、この戦争での死者はZ名で、この戦争終結によって???となりました。」といった説明が、例えば池上さんのナレーションで1、2分ほど毎日あるのが理想である。毎日このような異なる「終戦の日」が日本語だけでなく複数の言語で伝えられるとなお嬉しい。人類が昔から如何に多くの戦争に明け暮れ、多くの戦死者を出し、武器を開発し、悲劇をつくってきたかが毎日耳に入るのは心地よいことではないが、戦争との接し方が変わるのではないだろうか。

 終戦記念日の直訳はThe anniversary of the end of the war。第二次大戦記念日はWorld war II memorial dayで、昨日は全国戦没者追悼式が行われた。「終戦日」と呼ばれてきた8月15日は1982年に閣議決定で「戦没者を追悼し平和を祈念する日(The day to commemorate the war dead and pray for peace)」と呼ばれることになった。世界中の終戦の日が毎日簡単に紹介され、戦争だらけの人類の歴史を肝に銘じてみてはどうだろうか。