謎のコブシ(2)

  文系の若者ならもっとましなタイトルをつけ、人の欲望と想像力を巧みに混じり込ませてコブシをネタに惡の華をまき散らすこと必定だろうが、文系の端にしかいなかった私にはそんな才覚もない。それでもオッカナビックリ、まずは映画作品をネタに使ってその真似事をしてみるとしよう。

 まず、コブシの集合果の異形の形態がプロテウス症候群を彷彿させる。1980年製作の「エレファント・マン(The Elephant Man)」の舞台は19世紀のロンドン。生まれつき奇形で醜悪な外見のため「エレファント・マン」として見世物小屋に出ていた青年がジョン・メリック。肥大した頭蓋骨は額から突き出て、腫瘍が身体中にあり、歪んだ身体で杖なしには歩けない状態だった。彼を見世物小屋で見かけ、興味をもった外科医フレデリック・トリーブスは彼を引き取り、彼の様子を観察した。すると、トリーブスはジョンが聖書を熱心に読み、芸術を愛することに気づく。実は、コブシと「エレファント・マン」との関係は何もない。集合果の形態だけが私の個人的な(誤った)連想を引き起こしたに過ぎない。

 次に、果実が集合したコブシの名前が映画「Magnolia」の命名理由の一つと推測してみよう。だが、そのためにはコブシのMagnoliaがモンペリエ生まれのフランスの植物学者マニョル(Pierre Magnol)に因むことなど一切無視し、集合果と群衆劇を比喩的に重ね合わせて映画のシナリオができ上がっていると解釈してみよう。

 物語に登場する面々は次のようである。女を掴むコツをレクチャーするカリスマ、フランク・T・J・マッキー、ヤクに溺れ、自堕落なボロボロの生活をしている、クローディア、その彼女の父親で人気テレビ司会者のジミー・ゲイター、そして、その妻のローズ。さらに、ジミーが司会するクイズ番組で、連勝をしている天才少年スタンリー・スペクター、昔のクイズ番組で天才少年と持て囃されたが、電気商店でセールスの仕事をしているドニー・スミス、末期ガンにより死の間際にいる大富豪、アール・パートリッジ、その大富豪を介護しているヘルパーのフィル・パルマ、その大富豪と結婚をしたとても若い妻、リンダ・パートリッジ。最後に、警察の仕事に誇りをもち、質素で善良な生活が好きな警官ジム・カーリング。そんな彼らが一つの街の中で様々に関わり合っていくのである。

 この映画は、会話のやり取りがとてもリアルに、生き生きと描かれている。会話の途中の隙間、会話の間に潜む駆け引き、探り合い、無視、誤解等々の会話の綻びが何ともうまく表現され、会話が思考とも推論とも違うことが的確に描かれている。

 この会話にリアリティがあるからこそ、映画のそれぞれのシーンが私たちの心を捉えて離さないのである。この映画を見た後で、大抵の人は「一体この雑然として話の群はなんだったのか?」と訝しく思う筈である。この映画で起きた出来事は、どんな意味があったのかよくわからないのである。だから、この映画は「明解な答えを観客に与えないようにつくられている」からだと想像したくなる。様々な出来事が描かれ、様々な登場人物の生きざまが描かれるが、そこに一貫性はなく、登場人物同士の「繋がり」はあるが、それぞれの人生はみんなバラバラ。だから、「人生に一定の法則はない」という法則を描くのがこの映画のテーマなのだろう。

 「Magnolia」が木蓮ならば、それはミシシッピー州の州花。だが、この作品のタイトルの由来は、舞台になっている地名のサン・フェルナンド・バレーの「マグノリア・ストリート」からでもある。映画の最後は誰もが驚く。現状を変えたいと思っていても、日々積み重ねられてきた習慣、人とのしがらみは立ち切れない。そこに来てカエルの大雨。台風が近くの池のカエルを巻き上げたのだった。だが、蛙は聖書で「変わる、リセットする」などの意味を持ち、「やり直せる、リセットできる」という暗示になっている。

 聖書絡みのカエルから想起されるのは「2001年宇宙の旅」。単独で探査を続行したボーマン船長は木星の衛星軌道上で巨大なモノリスと遭遇、スターゲイトを通じて、人類を超越した存在スターチャイルドへと転化する。キリスト教が顔を出すと、シナリオは途端に黴臭いものになる。現在ならば、気の利いた監督は聖書を持ち出すなどという時代錯誤なことはしないのではないか。「マグノリア」も「2001年宇宙の旅」も、その点では古典的スタイルを踏襲し、パターン化されている。生き物の世界の真のダイナミズムが教義や勧善懲悪の倫理の眼鏡で曇ってしまうのである。

 さて、これらが文系崩れの妄想である。コブシの集合果の本性をしっかり突き止める前に、巧みな思い込みと想像によって映画を媒体にして人や世界の真実を描くことに使われるというからくりのほんの一部は明らかになったのではないか。私の無駄話はこの位にして、肝心のコブシの集合果に話を戻そう。